NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
 2021年10月
 2021年09月
 2021年08月
 2021年07月
 2021年06月
 2021年05月
 2021年04月
 2021年03月
 2021年02月
 2020年12月
 2020年11月
 2020年10月
 2020年09月
 2020年06月
 2019年07月
 2019年06月
 2019年03月
 2019年02月
 2019年01月
 2018年11月
 2018年08月
 2018年07月
 2018年04月
 2018年03月
 2018年01月
 2017年11月
 2017年10月
 2017年09月
 2017年08月
 2017年07月
 2017年06月
 2017年05月
 2017年04月
 2017年03月
 2017年02月
 2017年01月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年09月
 2016年08月
 2016年06月
 2016年05月
 2016年04月
 2016年03月
 2016年02月
 2016年01月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年09月
 2015年08月
 2015年07月
 2015年06月
 2015年05月
 2015年04月
 2015年03月
 2015年02月
 2015年01月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年09月
 2014年08月
 2014年07月
 2014年06月
 2014年05月
 2014年02月
 2013年09月
 2013年08月
 2012年12月
 2012年10月
 2012年09月
 2012年08月
 2012年07月
 2012年06月
 2012年04月
 2012年03月
 2012年02月
 2012年01月
 2011年12月
 2011年11月
 2011年10月
 2011年07月
 2011年06月
 2011年02月
 2011年01月
 2010年12月
 2010年11月
 2010年10月
 2010年09月
 2010年08月
 2010年07月
 2010年05月
 2010年04月
 

メルマガ『風物使』夏至号を配信

2021/06/16

●今号のテーマ
「折ふし扇屋の長左が座敷は、今日嘉祥喰(カシャウクイ)とて二口屋がまんぢう、道喜が笹粽(ささちまき)、虎屋のやうかん、東寺瓜〈略〉取まぜて一六色、はん女様への御調物(みつきもの)」
(井原西鶴『好色二代男』(1684)四)

訳:折しも、扇屋の長左の座敷では、今日は嘉祥喰(かしょうくい)だと言って二口屋の饅頭、道喜の笹粽(ささちまき)、虎屋のようかん、東寺瓜・・・など取り交ぜて、十六色の菓子を遊女への貢物に・・・

毎年6月16日は和菓子の日。バレンタインのように、商業イベントとして大々的に宣伝されないためか、今では知る人ぞ知る年中行事になっていますが、この日はかつて「嘉祥(かしょう)の祝」(または嘉祥食、嘉定喰=かじょうぐいとも)と呼ばれ、平安初期から明治時代まで1000年以上の長きに渡って続いてきた年中行事でした。

続きはこちらでどうぞ:
「嘉祥の和菓子が疫病祓う」
~季節の使い・JTCO『風物使』夏至号~



+‥‥+ 2021年夏至号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ       【風習】十六日の和菓子で健康に:和菓子の日
 ・季節のレシピ        【広島県の郷土料理】小いわしの南蛮
 ・新着記事          【秋田県の伝統工芸品】大曲の花火
 ・和遊苑 おすすめの一品 【姫革】父の日ギフトにも!爽やかペイズリー柄アイテム 
 ・編集後記

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

二十四節気に合わせ、季節のお便りをお届けしています。
ぜひ、ご購読ください。

●メールマガジン登録
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

●バックナンバー
http://www.jtco.or.jp/magazine-list/



メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集JTCO@Facebook