NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
 2019年07月
  • メルマガ『風物使』小夏号を配信
 2019年06月
 2019年03月
 2019年02月
 2019年01月
 2018年11月
 2018年08月
 2018年07月
 2018年04月
 2018年03月
 2018年01月
 2017年11月
 2017年10月
 2017年09月
 2017年08月
 2017年07月
 2017年06月
 2017年05月
 2017年04月
 2017年03月
 2017年02月
 2017年01月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年09月
 2016年08月
 2016年06月
 2016年05月
 2016年04月
 2016年03月
 2016年02月
 2016年01月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年09月
 2015年08月
 2015年07月
 2015年06月
 2015年05月
 2015年04月
 2015年03月
 2015年02月
 2015年01月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年09月
 2014年08月
 2014年07月
 2014年06月
 2014年05月
 2014年02月
 2013年09月
 2013年08月
 2012年12月
 2012年10月
 2012年09月
 2012年08月
 2012年07月
 2012年06月
 2012年04月
 2012年03月
 2012年02月
 2012年01月
 2011年12月
 2011年11月
 2011年10月
 2011年07月
 2011年06月
 2011年02月
 2011年01月
 2010年12月
 2010年11月
 2010年10月
 2010年09月
 2010年08月
 2010年07月
 2010年05月
 2010年04月
 

メルマガ『風物使』小夏号を配信

2019/07/02

●今号のテーマ
【草花】秘めた想いを託して:ユリ

「筑波嶺(つくばね)の さ百合(さゆる)の花の 夜床(ゆとこ)にも
愛(かな)しけ妹(いも)ぞ 昼も愛(かな)しけ」
(大舎人部千文(おおとねりべのちふみ)『万葉集』巻20-4369)

(訳:筑波山に咲く小百合のような、夜床の妻が恋しい。昼も恋しい。)

初夏から夏にかけては、古くから日本に自生するユリが咲く季節です。清楚さ
と華やかさを併せ持つその姿は、日本では「立てば芍薬座れば牡丹 歩く姿は
百合の花」と、美人の歩く姿に例えられ、西洋でも古くから純潔と母性の象徴
とされてきました。

日本語の「ユリ」という呼び名は、「揺り」、つまり百合の花が風にゆらゆら
と揺れる姿から、また「百合」という漢字は、たくさんの燐片が重なるユリ根
の形状から来ていると言われています。

続きはこちらでどうぞ:
「秘めた想いをユリが運ぶ」~ 季節の使い・JTCO『風物使』小暑号


+‥‥+ 2019年小暑号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ………    【草花】秘めた想いを託して:ユリ
 ・季節の行事 ………・    【博多祇園山笠】[福岡市]
 ・和遊苑 おすすめの一品 【特注・おまとめ】あなただけの一品を!
 ・JTCOからのお知らせ    *イタリアの人気アジア文化ベントに協力!*
 ・編集後記

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

二十四節気に合わせ、季節のお便りをお届けしています。
ぜひ、ご購読ください。

●メールマガジン登録
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

●バックナンバー
http://www.jtco.or.jp/magazine-list/


メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook