NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
 2017年11月
 2017年10月
 2017年09月
 2017年08月
 2017年07月
 2017年06月
 2017年05月
 2017年04月
 2017年03月
 2017年02月
 2017年01月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年09月
 2016年08月
 2016年06月
 2016年05月
 2016年04月
 2016年03月
 2016年02月
 2016年01月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年09月
 2015年08月
 2015年07月
 2015年06月
 2015年05月
 2015年04月
 2015年03月
 2015年02月
 2015年01月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年09月
 2014年08月
 2014年07月
 2014年06月
 2014年05月
 2014年02月
 2013年09月
 2013年08月
 2012年12月
 2012年10月
 2012年09月
 2012年08月
 2012年07月
 2012年06月
 2012年04月
 2012年03月
 2012年02月
 2012年01月
 2011年12月
 2011年11月
 2011年10月
 2011年07月
 2011年06月
 2011年02月
 2011年01月
 2010年12月
 2010年11月
 2010年10月
 2010年09月
 2010年08月
 2010年07月
 2010年05月
 2010年04月
 

メルマガ『風物使』穀雨号を配信

2017/05/01

●今号のテーマ
【植物】獅子も鎮める魔力: 牡丹(ボタン)

「折る人の心なしとや名取草 花みる時は咎(とが)もすくなし」
(顕仲『蔵玉集』)

(訳: 牡丹を手折る人の心無いことよと思っていたが、花を見ると無理もな
いと思うのだよ。)

桜の季節が過ぎると、木々の緑も青々として街や野山の風景も力強さを増して
きます。そんな中、ひときわ艶やかに咲き誇る花が「百花の王」と呼ばれる牡
丹です。

中国では5世紀頃の魏晋南北朝時代より止血・鎮痛などの薬用として栽培され
ており、その艶やかな花姿から古くから富貴吉祥と繁栄隆盛の象徴として愛さ
れてきました。牡丹には多くの別名がありますが、「二十日草」という呼び名
は、唐の詩人白楽天の漢詩「牡丹芳(ぼたんほう)」に由来します。

続きはこちらでどうぞ:
「初夏に牡丹の華咲く」~ 季節の使い・JTCO『風物使』穀雨号

+‥‥+ 2017年穀雨号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ………   【植物】獅子も鎮める魔力: 牡丹(ボタン)
 ・季節の行事…………   熊祭り[山形県小国町]
 ・和遊苑 おすすめの一品 【姫革・白なめし革】扇子ケース
 ・JTCOからのお知らせ   5月歌舞伎座催事:墨染・なにわべっ甲
 ・編集後記

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

二十四節気に合わせ、季節のお便りをお届けしています。
ぜひ、ご購読ください。

●メールマガジン登録
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

●バックナンバー
http://www.jtco.or.jp/magazine-list/


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook