NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
 2017年04月
 2017年03月
 2017年02月
 2017年01月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年09月
 2016年08月
 2016年06月
 2016年05月
 2016年04月
 2016年03月
 2016年02月
 2016年01月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年09月
 2015年08月
 2015年07月
 2015年06月
 2015年05月
 2015年04月
 2015年03月
 2015年02月
 2015年01月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年09月
 2014年08月
 2014年07月
 2014年06月
 2014年05月
 2014年02月
 2013年09月
 2013年08月
 2012年12月
 2012年10月
 2012年09月
 2012年08月
 2012年07月
 2012年06月
 2012年04月
 2012年03月
 2012年02月
 2012年01月
 2011年12月
 2011年11月
 2011年10月
 2011年07月
 2011年06月
 2011年02月
 2011年01月
 2010年12月
 2010年11月
 2010年10月
 2010年09月
 2010年08月
 2010年07月
 2010年05月
 2010年04月
 

チャンチャコ踊りを掲載しました

2010/12/13

今を去ること550年ほど昔、当地は大干ばつに見舞われ村は疲弊を極めておりましたが、たまたま通りかかった諸国廻国中の伊勢国桑名の山伏が村人に踊りを教え、村の家が3軒になるまで踊りを奉納すると願をかけたのが始まりといいます。これにより大干ばつは収まり村は救われ、それ以後約束どおり奉納されているのだそうです。 踊りは十番あり、いずれも10人ほどの子供たちが、笛・鉦・太鼓に合わせ、囃子唄を歌いながら踊りますが、囃子唄は、永正15年(1518)に成立した『閑吟集』の歌と一致、共通するものが多く、この芸能の成立時期が推測させます。地元に残された記録では、チャンチャコ踊りを伝えた山伏は文明元年(1469)に死去したということです。 いずれにせよ、室町時代後期頃の風俗を今に伝える貴重な踊りであることは疑いありません。

[宍粟市無形文化財]

◆チャンチャコ踊り
http://www.jtco.or.jp/bunkakan/?act=detail&id=13&p=0&c=19

提供:しそう観光協会


2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook