NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
 2017年05月
 2017年04月
 2017年03月
 2017年02月
 2017年01月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年09月
 2016年08月
 2016年06月
 2016年05月
 2016年04月
 2016年03月
 2016年02月
 2016年01月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年09月
 2015年08月
 2015年07月
 2015年06月
 2015年05月
 2015年04月
 2015年03月
 2015年02月
 2015年01月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年09月
 2014年08月
 2014年07月
 2014年06月
 2014年05月
 2014年02月
 2013年09月
 2013年08月
 2012年12月
 2012年10月
 2012年09月
 2012年08月
 2012年07月
 2012年06月
 2012年04月
 2012年03月
 2012年02月
 2012年01月
 2011年12月
 2011年11月
 2011年10月
 2011年07月
 2011年06月
 2011年02月
 2011年01月
 2010年12月
 2010年11月
 2010年10月
 2010年09月
 2010年08月
 2010年07月
 2010年05月
 2010年04月
 

メルマガ『風物使』雨水号を配信

2017/03/01

●今号のテーマ
【生物】河童の子ども?:カワウソ

「水むすぶかひも渚のたはれ男と 誰かはうそを月の夜ごとに」
(木下勝俊『四生歌合・けだ物の歌合』)

(訳: 月夜の晩ごとに渚に出てきて、貝で水を掬って戯れるかわうそを、水
に恋した男という人がいるよ。)

雨水の初候を、中国では「獺祭魚(たつ うおを まつる=獺が捕らえた魚を並
べて食べる)」と言います。「獺祭(だっさい)」と言えば、有名な日本酒の
銘柄にもなっていますから、「獺=カワウソ」であるとご存知の方も多いこと
でしょう。かつては日本中に生息していましたが、残念ながらニホンカワウソ
は2012年に環境省により絶滅が宣言されてしまいました。今日は水辺にカワウ
ソが戯れた昔日を懐かしみながら、彼らが日本人にとってどのような生き物だ
ったのかを見ていきましょう。

「獺祭魚」とは、カワウソが捕えた大好物の魚を川岸に並べる習性を、ご先祖
様に供物を捧げるさまになぞらえたものです。唐の政治家・詩人の李商隠は、
カワウソのようにたくさんの書物を周囲に並べて詩を作ったことから、自らを
「獺祭魚」もしくは「獺祭」と呼びました。ここから、「獺祭」は多くの書物
を調べ、引用する人の意にもなりました。

続きはこちらでどうぞ:
「獺月夜に戯る」~ 季節の使い・JTCO『風物使』雨水号

+‥‥+ 2017年立春号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ………   【生物】河童の子ども?:カワウソ
 ・季節の行事…………   長龍神事 [三重県多気町]
 ・和遊苑 おすすめの一品 【箱根寄木細工】名刺入れ・カードケース
 ・JTCOからのお知らせ   3月の歌舞伎座は、関西・中部の職人が出店!
 ・編集後記

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

二十四節気に合わせ、季節のお便りをお届けしています。
ぜひ、ご購読ください。

●メールマガジン登録
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

●バックナンバー
http://www.jtco.or.jp/magazine-list/


2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook