NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
 2017年07月
 2017年06月
 2017年05月
 2017年04月
 2017年03月
 2017年02月
 2017年01月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年09月
 2016年08月
 2016年06月
 2016年05月
 2016年04月
 2016年03月
 2016年02月
 2016年01月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年09月
 2015年08月
 2015年07月
 2015年06月
 2015年05月
 2015年04月
 2015年03月
 2015年02月
 2015年01月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年09月
 2014年08月
 2014年07月
 2014年06月
 2014年05月
 2014年02月
 2013年09月
 2013年08月
 2012年12月
 2012年10月
 2012年09月
 2012年08月
 2012年07月
 2012年06月
 2012年04月
 2012年03月
 2012年02月
 2012年01月
 2011年12月
 2011年11月
 2011年10月
 2011年07月
 2011年06月
 2011年02月
 2011年01月
 2010年12月
 2010年11月
 2010年10月
 2010年09月
 2010年08月
 2010年07月
 2010年05月
 2010年04月
 

江戸からかみを掲載いたしました

2010/08/19

本日、伝統工芸品館に【江戸からかみ】が掲載されました。

◆江戸からかみ
http://www.jtco.or.jp/kougeihinkan/?act=detail&id=58&p=13&c=21

平安時代、唐から渡来した「紋唐紙」を和紙に模造したのが「から紙」です。「から紙」は、文様を彫刻した版木に主として雲母(白雲母の粉末)や胡粉(貝殻の粉末)を絵の具として手で摺ります。当時は、和歌を筆写する詠草料紙として使われていましたが、中世以降、屏風や襖、貼り付け壁、障子腰等にも貼られるようになり、江戸時代になると徳川幕府による江戸の街づくりが進み、人口の増加と共に「からかみ」の需要も増大していきました。そして、多様なニーズにあわせて多彩な加飾の技法やデザインが考案され、独自の発展をしていきました。この新興の江戸で作られた「からかみ」を「江戸からかみ」といいます。

提供: 江戸からかみ協同組合様、株式会社東京松屋様


2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook