NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
 2017年06月
 2017年05月
 2017年04月
 2017年03月
 2017年02月
 2017年01月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年09月
 2016年08月
 2016年06月
 2016年05月
 2016年04月
 2016年03月
 2016年02月
 2016年01月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年09月
 2015年08月
 2015年07月
 2015年06月
 2015年05月
 2015年04月
 2015年03月
 2015年02月
 2015年01月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年09月
 2014年08月
 2014年07月
 2014年06月
 2014年05月
 2014年02月
 2013年09月
 2013年08月
 2012年12月
 2012年10月
 2012年09月
 2012年08月
 2012年07月
 2012年06月
 2012年04月
 2012年03月
 2012年02月
 2012年01月
 2011年12月
 2011年11月
 2011年10月
 2011年07月
 2011年06月
 2011年02月
 2011年01月
 2010年12月
 2010年11月
 2010年10月
 2010年09月
 2010年08月
 2010年07月
 2010年05月
 2010年04月
 

メルマガ『風物使』大寒号を配信

2017/02/01

●今号のテーマ
【生物】この世の救世主: ニワトリ

「には鳥は かけろと鳴きぬなり。起きよ。おきよ。我がひと夜妻。人もこそ
見れ」
(催馬楽―平安時代に隆盛した古代歌謡。)

(訳: ニワトリがカケロと鳴いたよ。起きろ。起きろ。私の一夜妻よ。人が
見るから。」

2017年は酉年。今年の初詣に、縁起を担いでニワトリとゆかりのある寺社にお
参りした方もいらっしゃるでしょう。現代では卵も含め、ニワトリは食材とし
て欠かせない生き物となりましたが、食用として一般的になったのは近代にな
ってからでした。それにはどんな理由があったのでしょうか。

ニワトリは弥生時代に中国から日本に伝来したと考えられており、埴輪も多く
見つかっています。古くはその鳴き声から「カケ」、もしくは「庭にいる鳥」
という意味の「ニワツトリ」と呼ばれており、後者が「ニワトリ」として現代
まで残りました。

続きはこちらでどうぞ:
「鶏が常世を告げる」~ 季節の使い・JTCO『風物使』大寒号

+‥‥+ 2017年大寒号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ………   【生物】この世の救世主: ニワトリ
 ・季節の行事…………   八戸えんぶり [青森県八戸市]
 ・和遊苑 おすすめの一品 【姫革・白なめし革】ギャルソン財布
 ・JTCOからのお知らせ   箱根寄木細工の再入荷・新柄
 ・編集後記

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

二十四節気に合わせ、季節のお便りをお届けしています。
ぜひ、ご購読ください。

●メールマガジン登録
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

●バックナンバー
http://www.jtco.or.jp/magazine-list/


2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook