NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization

鍛え極める~堺刃物職人の技(2)


訪問先: 株式会社和泉利器製作所(大阪府堺市)さま
文・写真: Laura Wheatley / 旅行写真家
翻訳: 山口 多恵



「鍛え極める~堺刃物職人の技(1)」の続き

刃物は幾つかの工程を経て、完成に至ります。「鍛冶」、「刃付け(はつけ)」、そして「柄付け(えつけ)」です。それぞれの工程を、各工程に熟練した名匠が担い、役割を果たしていくのです。堺では、このような鍛冶工程に従事する、様々な工房の職人同士を繋ぐネットワークも出来上がっています。

鍛冶場。使い込まれた道具が並ぶ。





私達が到着した工房は、刃物製造の第一工程である「鍛冶」―つまり、「火造り(ひづくり)」を担う工房でした。プロ達が愛用する堺刃物の殆(ほとん)どは、炭素鋼(たんそこう)から造られています。炭素鋼を用いることで、鍛冶職人は柔らかな鉄(地金(じがね))と、炭素を多く含んだ硬い鋼(こう)(刃金(はがね))とを、一本の刃物のうちで扱うことになります。これら地金、刃金はともに「火窪(ほくぼ)」と呼ばれる炉の中で、最適温度まで熱せられます。この時、職人は自身の目だけを頼りに、炉の温度を見極めることができるのです。そのあと、合わせた地金と刃金を繰り返し打ち延ばし、包丁の形へと整えていきます。刃の形成の際には、地金は本体の部分に、刃金は刃先の部分になります。柔らかい鉄を加えることで、最終的に包丁を手にする使い手自身が、容易に研げるようになるのです。

信田氏にご紹介頂き、私は榎並 正(えなみ ただし)氏とお会いすることができました。榎並氏は国が認定した伝統工芸士であり、鍛冶技術の中でも「沸かし付け(わかしづけ)」と呼ばれる、軟鉄と鋼鉄(こうてつ)を鍛接(たんせつ)し、優れた刃を生み出す技術に秀でた職人です。

堺の鍛冶職人は、数世紀前から使用されていた鍛冶道具と同じものを、変わらず使用しています。様々な道具と、大きさの異なる金槌を使い分け、刃を完璧に整った形にするのです。また近年新たに導入され、堺打刃物(うちはもの)の工程に革命をもたらした道具の一つが、「ベルトハンマ―」です。この機械ハンマーの名前はベルト駆動式のモーターに由来し、職人が踏む足踏みペダルによって、速度などが調整されます。榎並氏は、鍛冶工程でベルトハンマーがどのように使われるのかを、私達に実演してみせて下さいました。

ベルトハンマーを使用する榎並氏





刃の形を整えたあとは、刃の変形を防ぎながら、自然に冷却していきます。冷ましたのち、再度金槌で全体を叩き、刃の表面をむらなく、平らかにならしていきます。作る刃の形状によっては、職人は手動の裁断機を用いて、刃の不要な部分を切り落とすことになります。実際にどう行われるのかを、榎並氏が実演して下さいました。包丁の本体を裁断線上に置き、固定し、裁断機の刃に取り付けられたレバーを力一杯押し下げ、理想の包丁の形に断(た)っていきます。この型断(かただ)ち後、荒い切り口は電動研磨機にかけて滑らかにし、さらに本体を打ち締めることによって、包丁に一層の強度と耐久性が生まれるのです。

刃物造りの第二工程である「刃付け(はつけ)」を見るために、さらに別の工房へと赴きました。そこで私は、森本 守(もりもと まもる)氏、森本 吉昭(よしあき)氏の二人の名匠にお会いしました。守氏は、研ぎの分野で伝統工芸士に認定されています。

吉昭氏に、研ぎの技を披露して頂きました。氏は「火造り」の工程を終え、よく打ち締められた刃を一本、選びました。その刃を細長い形をした木片の下に敷き、その木片を緩衝材にして、回転砥石に刃を当てていきます。回転砥石は1メートル強の石の塊です。火花が飛び、刃の余分な厚みが削り落とされ、鉄粉(てっぷん)が職人の向かい側にある壁に、飛散しました。

高速で回る回転砥石で刃物を研ぐ森本吉昭氏





吉昭氏の納得のいく仕上がりになるまで、研ぎの作業は続きました。そして、より一層研ぎ澄まし、磨き上げるために、刃が守氏に託されます。鋭い切れ味を実現するために、刃は様々に異なる硬度の砥石で研がれ、真に鋭利な刃となっていくのです。研ぎ澄まされた包丁が、蛍光緑の液体の入ったバケツに浸されます。最後の工程に送られる前に、錆止め(さびどめ)処理が必要になるのだと、守氏が説明して下さいました。最終工程は「柄付け(えつけ)」と呼ばれる、包丁の中子(なかご)(握り部分)を柄(え)に取り付ける作業です。

仕上げの研ぎ工程を行う森本守氏。研磨後、蛍光緑の錆止め液に浸す。


研ぎ上がった刃物



和泉利器製作所本社に戻り、私はこの日最後となる職人、若井 進(わかい すすむ)氏にお会いすることができました。包丁製造の最終工程である「柄付け」を担う、手練れ(てだれ)の職人です。作業場にて胡坐(あぐら)の体勢を取った若井氏は、包丁の峰(みね)(背側)を挟み上げると、中子の部分を炎にかざし、炙(あぶ)りました。中子が充分に熱せられたのを見極めると、傍らにあった木の柄(え)の、ぴったり合うように彫られた穴の中に、中子を滑り込ませました。

柄付け職人の若井氏。中子を木の柄に押し込み、木槌で叩いてしっかりとはめ込む。





熱く熱(ねっ)した金属のために煙が一息(ひといき)に立ち昇り、包丁を包み込みます。職人は、柄の中にしっかりと中子を押し込むと、完璧に嵌まり込むように、木槌で柄の底をとんとんと叩きました。若井氏は、柄付けをした包丁を私によく見せて下さいました。まず柄を指し示し、柄が朴(ほお)の木から作られていると教えて下さいました。続いて包丁の柄を立て、柄と刃との境にある黒い部分についても、説明して下さいました。「桂(かつら)」と呼ばれる繋(つな)ぎ目で、水牛の角(つの)でできているとのことでした。このような細部にまで、趣向が凝らされているのです!最終検査を終えて、「堺刀司(さかいとうじ)」の銘を刃に打たれたのち、包丁は晴れて市場に出ることとなります。ここに至るまでの丹精を尽くした工程に、私はただただ、驚くばかりでした。

貴重なお時間を頂き、職人技を見せて頂いた御礼を信田氏と若井氏に述べ、私は製作所を後にしました。「堺打刃物(うちはもの)」は間違いなく、日本の伝統工芸品と認められるに相応(ふさわ)しい逸品でしょう。守り続けていくべき文化財であり、また、世界中からも絶賛され、求められ続けていくのであろうと、そう思えてなりません。

2017 クリスマスギフト特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook