NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
 2017年07月
 2017年06月
 2017年05月
 2017年04月
 2017年03月
 2017年02月
 2017年01月
 2016年12月
 2016年11月
 2016年10月
 2016年09月
 2016年08月
 2016年06月
 2016年05月
 2016年04月
 2016年03月
 2016年02月
 2016年01月
 2015年12月
 2015年11月
 2015年09月
 2015年08月
 2015年07月
 2015年06月
 2015年05月
 2015年04月
 2015年03月
 2015年02月
 2015年01月
 2014年12月
 2014年11月
 2014年10月
 2014年09月
 2014年08月
 2014年07月
 2014年06月
 2014年05月
 2014年02月
 2013年09月
 2013年08月
 2012年12月
 2012年10月
 2012年09月
 2012年08月
 2012年07月
 2012年06月
 2012年04月
 2012年03月
 2012年02月
 2012年01月
 2011年12月
 2011年11月
 2011年10月
 2011年07月
 2011年06月
 2011年02月
 2011年01月
 2010年12月
 2010年11月
 2010年10月
 2010年09月
 2010年08月
 2010年07月
 2010年05月
 2010年04月
 

メルマガ『風物使』小雪号を配信

2016/11/21

●今号のテーマ
【植物】常緑の守り神:「ヒイラギ」

「ふれみぞれ 柊の花の七日市」
(宝井 其角 『其角発句集』)

(解釈: 白い小さなヒイラギの花が、みぞれのように道に降り注ぐ七日市で
あることよ。)

寒気の中に冬の匂いを感じ始めると、街では赤と緑のクリスマスの告知や飾り
付けが目につくようになります。今では、ヒイラギと言えば赤い実をつけたク
リスマス飾りのセイヨウヒイラギのイメージになりますが、日本でも今頃から
師走にかけてたくさんの白い花をつけるヒイラギが、古来より風物詩として暮
らしとともにありました。

続きはこちらでどうぞ:
「晩秋に柊の雪降る」~ 季節の使い・JTCO『風物使』小雪号

+‥‥+ 2016年小雪号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ………   【植物】常緑の守り神:「ヒイラギ」
 ・季節の行事…………   新野の霜月祭り [長野県阿南町]
 ・和遊苑 おすすめの一品 【姫革・白なめし革】ストラップポーチ<イギ
リス・パープル>
 ・JTCOからのお知らせ   【歌舞伎座】12月は、墨流し染&和布小物
 ・編集後記

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

二十四節気に合わせ、季節のお便りをお届けしています。
ぜひ、ご購読ください。

●メールマガジン登録
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

●バックナンバー
http://www.jtco.or.jp/magazine-list/


2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook