NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization

文化財とは

文化財とは、「我が国の長い歴史のなかで生まれ、育まれ、今日まで守り伝えられてきた貴重な財産」の事といわれます。日本各地に、お寺、仏像、絵、お祭り、遺跡、貴重な動物や植物などを指します。文化財保護法では、「文化財」を、次のように定義しています。

1 建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書その他の
有形の文化的所産で我が国にとって歴史上又は芸術上価値の
高いもの(これらのものと一体をなしてその価値を形成している
土地その他の物件を含む。)並びに考古資料及びその他
の学術上価値の高い歴史資料(以下「有形文化財」という。)

2  演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で我が国に
とって歴史上又は芸術上価値の高いもの(以下「無形文化財」という。)

3 衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、
民俗技術及びこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で
我が国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないもの
(以下「民俗文化財」という。)

4 貝塚、古墳、都城跡、城跡、旧宅その他の遺跡で我が国にとっ
て歴史上又は学術上価値の高いもの、庭園、橋梁、峡谷、海浜、
山岳その他の名勝地で我が国にとって芸術上又は観賞上価値の
高いもの並びに動物(生息地、繁殖地及び渡来地を含む。)、
植物(自生地を含む。)及び地質鉱物(特異な自然の現象の
生じている土地を含む。)で我が国にとって学術上価値の高い
もの(以下「記念物」という。)

5




6
地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により
形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠
くことのできないもの(以下「文化的景観」という。)


周囲の環境と一体をなして歴史的風致を形成している伝統的な
建造物群で価値の高いもの(以下「伝統的建造物群」という。)

以上のように、文化財保護法(平成16年6月改正)では、文化財を「有形文化財」や「無形文化財」などに分類しています。

2017 クリスマスギフト特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook