NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
メルマガ一覧
 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

JTCOメルマガ『風物使』

2011年07月11日 配信
「夏空に蝉の音聞く」~ 季節の使い・JTCO『風物使』小暑号

,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,

  「夏空に蝉の音聞く」~ 季節の使い・JTCO『風物使』小暑号
    vol.24 2011年07月11日発行(旧暦 6月11日・水無月)

,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,


┏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┓
 このメルマガは、NPO法人日本伝統文化振興機構(JTCO)のメールマガ
 ジンにお申し込みくださった方、もしくは当機構活動にご協力いただ
 いている個人/団体/法人様にお送りしています。         
┗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┛

拝啓
例年より早めの梅雨明け宣言が各地で出され、夏本番に入った今日この頃、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。節電で団扇や扇子、風鈴などがよく売
れている今年の夏、そろそろ暑中見舞いの準備もしたいですね。


+‥‥+ 2011年小暑号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ……………… 【昆虫】移ろいを感じて:『セミ(蝉)』
 ・季節の行事 ……………… 豊作を願って:『虫追い』
 ・JTCOからのお知らせ …… 姫革細工のJTCO企画商品、近日発売!
 ・編集後記


,:* 今 号 の テ ー マ ━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…


【昆虫】移ろいを感じて:『セミ(蝉)』


「蝉の声 聞けばかなしな 夏衣 うすくや人の ならむと思へば」
(紀友則『古今和歌集』751)

(訳:セミの声が聞こえてくる夏が来ると悲しくなります。セミの羽のよう
に薄い夏衣のように、秋になればあなたの心もはかなくなる気がして。)

梅雨空が夏空に変わると、長い年月を土の中で過ごしたセミたちがそろそろ
地上に出てきて本格的な夏を告げてくれます。セミのあまりいないヨーロッ
パから明治期の日本に来た人々が、「なぜ木が鳴いているのか」とたずねた
といわれているくらい、日本のセミたちは暑い夏を力一杯鳴いて過ごします。

現代の私たちは、小さい体ながら時にはうっとおしいくらいの大きな声で鳴
くセミに、力強い生命力を感じずにはいられませんが、万葉の時代から文学
の中ではセミははかないもののたとえとして登場します。「空蝉(うつせ
み)」とは、セミの抜け殻のことですが、これは「現臣(または現人、うつ
しおみ)」、つまりこの世に生きている人や人の世を重ね合わせたもので、
それらを引き出す枕詞として使われています。

「うつそみの 人にある我れや 明日よりは 二上山を 弟背(いろせ)と我
が見む」(大伯皇女(おおくのひめみこ)『万葉集』巻2-165)

(訳:この世に生きている私は、明日から二上山を弟と思って見るのでしょ
うか。)

上記の歌は、謀反の疑いで処刑された大津皇子(おおつのみこ)のなきがらが
二上山に移されたときに、お姉さんの大伯皇女が詠んだものとされています。
身近な人を喪った虚ろな気持ちを、「うつそみ(空蝉)」という枕詞が引き
出しています。

源氏物語の第3帖『空蝉』は、冒頭の紀友則の歌と同じように、夏の薄衣を
脱ぎ捨ててさらりと源氏の君をかわした人妻の話で有名ですね。薄いセミの
羽や抜け殻は、人の心を掴もうとしてもしても掴みきれない、やるせない気
持ちを表現するのに適していたのでしょう。

セミの声を聞くと夏の到来を感じて力をもらったり、時には暑さを増幅させ
るのでちょっぴり逃げたくなったりもしますが、昔の日本人はその声よりも
薄い羽や抜け殻に、人の気持ちや命の移ろいを見たようです。今年の蝉時雨
を、あなたはどんな思いで聞くのでしょうか。



,:* 季 節 の 行 事 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

豊作を願って:『虫追い』

6月の終わりごろから、東北から九州にかけての全国で、『虫追い』の行事
が行われます。地方によって内容のバリエーションはさまざまですが、おお
よそ江戸時代に始まったこと、害虫を追い払い五穀豊穣を祈念する行事であ
ることは共通しています。

農薬のなかった昔、人々は夜たいまつを燃やして虫を引き寄せ、追い払いま
した。埼玉県越谷市では、7月下旬、麦わらのたいまつを持って神社を出発
し、田畑の続く道を練り歩く行事が毎年行われています。どなたでも参加可
能です。

▼北川崎の虫追い(7月24日)
http://www2.city.koshigaya.saitama.jp/miru/shiki/natu/musioi/index.html



,:* JTCOからのお知らせ ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

オンラインショップ【和遊苑】:姫革細工の企画商品、近日発売します!

人気の姫革細工から、暑い夏にふさわしい商品がもうすぐ発売になります。
どうぞお楽しみに!


,:* 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

『風物使』第24号(2011年小暑号)を最後までお読みくださった
みなさま、誠にありがとうございました。

今年は夏の入りが早く、日本各地で連日酷暑が続いているようです。節電が
叫ばれる中、昔ながらの涼を呼ぶ智恵が見直され、団扇などは生産が追いつ
かなくなっているそうです。すだれに団扇、風鈴に打ち水。節電とともに、
夏の風情を楽しみたいものです。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【季節の使い・JTCO『風物使』】

発 行 日:月2回発行(二十四節気ごと)
発行開始日:2010年6月18日

▼配信先の変更・メールマガジンの解除

JTCOサイトからお申し込みいただいた方:
https://www.ssl-im2.com/jtco/magazine/

メルマガ配信サービスからお申し込みいただいた方:
☆まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0001175473.html
☆メルマ!
http://www.melma.com/backnumber_187367/
☆メルモ(携帯用ダイジェスト版)
http://merumo.ne.jp/00581395.html

▼バックナンバーはこちら(PC用)
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

▼ご意見ご感想はこちらまで(PC用)
https://www.ssl-im2.com/jtco/inquiry/

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【発行元】

特定非営利活動法人 日本伝統文化振興機構(JTCO)
〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-2-1401
TEL/FAX: 03-3431-5030
Webサイト: http://www.jtco.or.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

Copyright(C) 特定非営利活動法人 日本伝統文化振興機構(JTCO)
All rights reserved.



2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook