NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
メルマガ一覧
 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

JTCOメルマガ『風物使』

2017年10月12日 配信
「新涼に灯火親しむ」~ 季節の使い・JTCO『風物使』寒露号

:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,

  「新涼に灯火親しむ」~ 季節の使い・JTCO『風物使』寒露号
    vol.113 2017年10月12日発行(旧暦 8月23日・葉月)

,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,


┏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┓  
このメルマガは、NPO法人日本伝統文化振興機構(JTCO)のメールマガ
 ジンにお申し込みくださった方、もしくは当機構活動にご協力いただ
 いている個人/団体/法人様にお送りしています。         
┗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┛


拝啓

秋たけなわの今日この頃、まだまだ日中は暑さがぶり返す日もありますが、
紅葉の便りも聞こえ始め、北の大地からは初冠雪の知らせがと届く時節と
なりました。

春と並んで、日本の四季の美しさをひとしお感じられる秋のひと時。
休日などには、気の合う仲間と紅葉狩りとしゃれこみたいものですね。


+‥‥+ 2017年寒露号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ………   【生活】読書の秋(1)
                  人づくりには欠かせない:本
 ・季節の行事…………   曽根天満宮秋祭り[兵庫県高砂市]
 ・和遊苑 おすすめの一品 【丹後ちりめん】ブックカバー
 ・JTCOからのお知らせ   10月歌舞伎座催事:なにわべっ甲
「エスプリ・マ」
 ・編集後記


,:* 今 号 の テ ー マ ━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

【生活】読書の秋(1)人づくりには欠かせない:本

「秋の風 書むしばまず 成にけり」 与謝蕪村

(解釈:秋の風が吹くころになり、涼しくなったので、読書がはかどるように
なったよ。)

食欲の秋、スポーツの秋、そして読書の秋。うだるような暑さが去って過ごし
やすくなると、心身ともに力を取り戻して、夏の間は気が進まなかったことに
も取り組もうとお考えの方は多いのではないでしょうか。

さて、「食欲の秋」、「スポーツの秋」と言われる理由は、気温が体調に与え
る影響からわかりやすいのですが、なぜ読書が秋の風物詩となったのでしょう
か。

これは、今から遡ること1200年余り、中唐の文人、韓愈(かんゆ・768-824)
が、息子の符(ふ)に宛てた「符読書城南(符 書を城南に読む)」(『全唐
詩 』341巻)という漢詩の一節、「燈火可親(灯火親しむべし)」がもとにな
っていると言われています。

時秋積雨霽  時秋にして積雨霽(は)れ 
新涼入郊墟  新涼 郊墟(こうきょ)に入る
燈火稍可親  灯火稍(ようや)く親しむべし
簡編可卷舒  簡編 卷舒(けんじょ)すべし

(大意:秋の長雨がすっきりと上がったので、初秋の涼しさのなか郊外に行き、
灯火のもとで本を開くがよい。)

この詩の全文を読むと、儒教思想に基づき、父が息子に立身出世のための学問
の大切さと、立ち居振る舞いを指南する内容になっています。そして冒頭の一
節には、まずはよき人格形成のために、儒家の主要な経典である「詩経」「書
経」を体得せよとあります。今で言えば、実学より先に道徳を学べということ
でしょうか。

古代中国のみならず、「学び」の根幹をなすのが思想や教えであったことは洋
の東西を問わないようです。人類史上最も多く発行された本として、聖書や毛
沢東関連書籍、コーランなどが揺るぎないトップを占めていることにそれがう
かがえます。もちろん、これには歴代の為政者たちの明確な意図があったわけ
ですが、各国の文化や制度、人々の思考・行動様式が、これらに基づいて構築
されていったことを考えると、書籍が人類に与えた計り知れない影響を思い知
らされます。

そして日本でも、現存する最古の書籍とされているのは聖徳太子の肉筆と言わ
れている、飛鳥時代の『法華義疏(ほっけぎしょ)』(全4巻、611-615)と
いう法華経の注釈集です。あとに続く奈良時代でも、現代に伝えられる書籍の
多くは仏教の経典であり、政治制度と併せて、仏教に基づいた国造りの拠り所
とされました。

そして仏典に遅れること約一世紀、国のアイデンティティを明確にするための
史書として『古事記』(712)と『日本書紀』(720)が奈良時代に成立します。

※これ以前にも、『天皇記』『国記』などの史書は存在していたようですが、
残念ながら火災で焼失するなどで失われ、現存しません。

すでに仏教思想に基づいた国造りを進めていたにも関わらず、仏教伝来以前か
ら言い伝えられてきた神話・伝説を書籍として改めてまとめることで、国の起
源を確認し、共有したのです。それまで、一つの場所に何となく考え方や習慣
を共有しながら暮らしてきた民草が、数冊の本によって「秋津島(あきつしま
=日本の古名)」の住民というアイデンティティを与えられ、一つの国民とし
てまとまっていくことになるのですから、まったく本の持つ力は絶大なものが
あります。

1968年にノーベル文学賞を受賞した川端康成は、『美しい日本の私』を、94年
受賞の大江健三郎は『あいまいな日本の私』を授賞式で講演しました。いずれ
のスピーチにも、受賞者自身と、日本人に対する深い洞察が、影響を受けた文
学や思想とともに語られています。

私たちは、幼いころに読み聞かせてもらった童話をはじめとして、大人になる
までに知らず知らずのうちに多くの本に接し、それにより人としての在り方や
考え方を少しずつ培ってきていると思います。大人になると、自分を形作って
きた何かを振り返り、自分の在り方を見つめ直す機会はなかなかないものです。
この秋は、あなた自身のルーツを本と共にたどってみませんか。

【参考サイト】2017年10月9日参照

符讀書城南 韓愈(韓退之) <166>Ⅱ中唐詩772 漢文委員会kanbuniinkai
 紀頌之の漢詩ブログ2844
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6734994
.html

世界の古書・日本の古書 ABAJ(日本古書籍商協会), 日本の書物の歴史
http://www.abaj.gr.jp/history.php

Japan, the Beautiful and Myself (Yasunari Kawabata - Nobel Lecture)
https://www.nobelprize.org/nobel_prizes/literature/laureates/1968/kawa
bata-lecture.html

Japan, The Ambiguous, and Myself (Kenzaburo Oe - Nobel Lecture)
https://www.nobelprize.org/nobel_prizes/literature/laureates/1994/oe-
lecture.html


,:* 季 節 の 行 事 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

唐津くんち
[佐賀県唐津市](11月2日~11月4日)

典雅な曳山囃子に合わせて「エンヤ、エンヤ」「オイサ、オイサ」と、掛け声
が響く。唐津くんちは、唐津っ子の産土神である唐津神社の秋祭りです。いな
せな法被姿の曳子たちが曳き廻る勇壮華麗な曳山(ひきやま)は、壮快無比な
景観です。

御神幸に従う曳山(ひきやま)は、「漆の一閑張り」という工法で作られ、江
戸後期から明治初期にかけて15台奉納され、14台が現存しています。


※ぴこねっと日本ねっ島より引用
http://www.piconet.co.jp/nippon-net/nippon.cgi/see/10636



,:* 和遊苑 おすすめの一品 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥……

【丹後ちりめん】ブックカバー

和遊苑では新たに「丹後ちりめん」の小物のお取り扱いを開始いたしました。
本日はその中からブックカバーをご紹介。

外出中のカフェでの一休み、人待ちの時間、どこかに向かう電車の中。そして
もちろんご自宅でも。スマートフォンだけでなく、思わず愛読書に手が伸びる
時間は意外と多いものです。

そんな読書時間を楽しく演出してくれる、お洒落なパターンの丹後ちりめんの
ブックカバー。布ながら、しっかりと織り込まれた高級感のある質感で、便利
なしおりもついています。

お揃いで各種ポーチのご用意もございますよ。
可愛くポップな小物たちに気分も上がること間違いなしです。

詳しくはオンラインショップで↓↓
http://wayouen.jp/?mode=grp&gid=1685511&page=2



,:* JTCOからのお知らせ ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

【歌舞伎座】10月1日~15日まで、「草木染やまぐち」が
      10月16日~31日まで、なにわべっ甲「」エスプリ・マが出店!

毎回ご好評いただいております、銀座・歌舞伎座催事。10月は前半に、素材に
こだわった草木染が優しい風合いを生み出す「草木染やまぐち」が、後半に希
少な天然素材を繊細な細工で仕上げたなにわべっ甲「エスプリ・マ」が出店い
たします!

どちらも、自然が織りなす、全く同じもは二つとしてない一品をご用意。

あなただけのお気に入りを見つけに、ぜひ歌舞伎座地下二階木挽町広場にお越
しください。

詳しくはJTCOホームページで↓↓
http://www.jtco.or.jp/news/?act=detail&id=162


,:* 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

今年のノーベル文学賞は、日本にルーツを持つカズオ・イシグロ氏に授与され
ることになり、書店では同氏の著作の品切れが続出。普段から本をたくさん読
む方にとっても、あまり本を手にしない方にも、受賞作である『日の名残り』
は、今年の秋の読書リストからは外せない作品になりそうですね。

英国で育ちながらも、どこか客観的に英国社会を見られるのは日本文化あって
とのこと。二つの文化の狭間で生きてきたイシグロ氏の世界観を、ぜひ味わっ
てみたいものです。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【季節の使い・JTCO『風物使』】

発 行 日:月2回発行(二十四節気ごと)
発行開始日:2010年6月18日

▼配信先の変更・メールマガジンの解除

JTCOサイトからお申し込みいただいた方:
https://www.ssl-im2.com/jtco/magazine/

メルマガ配信サービスからお申し込みいただいた方:
☆まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0001175473.html
☆メルマ!
http://www.melma.com/backnumber_187367/
☆メルモ(携帯用ダイジェスト版)
http://merumo.ne.jp/00581395.html

▼バックナンバーはこちら(PC用)
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

▼ご意見ご感想はこちらまで(PC用)
https://www.ssl-im2.com/jtco/inquiry/

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【発行元】

特定非営利活動法人 日本伝統文化振興機構(JTCO)
〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-2-1401
TEL/FAX: 03-3431-5030
Webサイト: http://www.jtco.or.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


Copyright(C) 特定非営利活動法人 日本伝統文化振興機構(JTCO)
All rights reserved.



2017 クリスマスギフト特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook