NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
メルマガ一覧
 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

JTCOメルマガ『風物使』

2016年05月11日 配信
「蕗の香味に初夏薫る」~ 季節の使い・JTCO『風物使』立夏号

,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,

  「蕗の香味に初夏薫る」~ 季節の使い・JTCO『風物使』立夏号
    vol.91 2016年5月11日発行(旧暦 4月5日・卯月)

,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,


┏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┓
 このメルマガは、NPO法人日本伝統文化振興機構(JTCO)のメールマガ
 ジンにお申し込みくださった方、もしくは当機構活動にご協力いただ
 いている個人/団体/法人様にお送りしています。         
┗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┛


拝啓
すでに関東地方でも真夏日が記録される今日この頃、皆さまいかがお過ごしで
しょうか。うだるような夏がやってくる前の爽やかな陽気を、できるだけ楽し
むようにしましょう。


+‥‥+ 2016年立夏号 目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ………   【植物】傘にもなる珍味:「フキ」
 ・季節の行事…………    黒船祭 [静岡県下田市]
 ・和遊苑 おすすめの一品 【箱根寄木細工】手帳/ブックカバー
 ・JTCOからのお知らせ   「父の日特集」開催中!
 ・編集後記



,:* 今 号 の テ ー マ ━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【植物】傘にもなる珍味:「フキ」

「卯の花のこぼるる蕗の廣葉哉」
(與謝蕪村)

(解釈: 青々としたフキの広い葉に、真っ白なウツギの花がこぼれるように
咲いているよ。)

街や山野の樹木も青々とした葉を生い茂らせ、今年も夏を迎えるばかりとなり
ました。そんな季節にぴったりの、爽やかな香味とほろ苦さが楽しめる山菜、
「蕗(フキ)」が食卓に上るご家庭も多いのではないでしょうか。

フキは日本原産のキク科の植物で、山野に自生しており古代から山菜として親
しまれてきました。古くは「布々岐(フフキ)」と呼ばれましたが、これはフ
キが冬に黄色い花を咲かせること、またはフキの花蕾であるフキノトウが浅葱
色をしているため、「冬黄(または冬葱、フユキ)」が転訛したものと考えら
れています。
また「フキ」は「拭く」が転じたものという説もあります。冒頭の俳句にある
ように、フキは大きな広い葉をつけますから、かつてはこれを紙や布の代用品
として、ふきんやトイレットペーパーとして使われていたからなのだそうです
※3。なるほど、さもありなんですね。

80年代、奈良県のデパート建設用地から、3万5千点にも及ぶ木簡が発掘されま
した。記録されていた内容から、ここはかつて天智・天武両天皇の血を引く長
屋王(ながやのおおきみ、7-8世紀の大臣)の邸宅跡だったことがわかりまし
た。木簡の多くは、「伝票木簡」と呼ばれるもので、皇族や使用人への米など
の食料の支給記録や、御料地から邸宅への食料の送り状などでした。その中に、
「山背薗進 蕗六束(=山背薗(やましろその、今の大阪府河南町)から進上
されたフキ六束)」など、フキの納入に関する記述も見られ、この時代にも一
般的な食材であったことがわかります※1,2。

平安時代の律令施行細則を定めた『延喜式』(927年)には、フキの栽培方法や
食用・薬用としての利用方法が記述され、この時代には栽培方法も確立してい
たようです。江戸時代に宮崎安貞が著した『農業全書』(1697年)には、様々
な作物の効率的な栽培方法や利用方法が詳しく記されており、フキについては
「市場で高い利潤が上がる功利的な作物」という説明が添えられています※4。
案外高級食材だったのかもしれませんね。

現在青果として流通しているフキの多くは、江戸時代から栽培されている「愛
知早生ふき」です。この品種は肉質がやわらかくて苦味が少なく、長さは1mほ
どになります※1。秋田県の県花はフキノトウですが、これは「秋田ふき」と
いう大型のフキで、「おらの国にでは雨が降っても傘など要らぬ、手頃の蕗の
葉そろりとさしかけ、さっさと出て行くわぇ」と秋田民謡に唄われているよう
に、太さは5-6cm、長さは2mにもなります。食用としては砂糖漬けや佃煮とし
て利用され、工芸品としては葉脈や茎の繊維をそのまま布や紙に刷り込んだ
「秋田蕗摺」が作られています※5。

江戸時代、秋田の五代目藩主佐竹義峰侯が江戸城に登城した際、この秋田ふき
を「その太さ竹のごとく、葉は傘のごとし」と諸国大名に自慢したところ、
「そんな巨大なフキがあるわけがない」と一笑に付されてしまいます。これに
憤慨した義峰が、後日宴席で秋田から取り寄せた太さ24~36cm、長さが3.6mも
ある大蕗を披露すると、諸大名は過日の非礼を詫びたということです※6。

秋田だけではなく、北海道・東北地方にはこのような大型のフキが自生してい
ます。アニメにも登場するアイヌ伝説の「コロボックル」という小人は、「フ
キの葉の下の人」という意味の通り、フキで葺いた竪穴住居に住み、雨が降る
とフキの葉の下に10人が肩を寄せ合って雨宿りをしたと言われています※7。
北海道足寄町の螺湾(らわん)川沿いには2~3mにもなる巨大な「らわんぶ
き」の生育地があり、7月中旬が見ごろ。この下をくぐってコロボックル気分
を楽しんだり、フキ刈り体験をしたり、フキ料理を味わったりすることができ
ます※8,9。

青果として流通するフキは、5~6月ごろまでが旬です。煮物や佃煮で爽やかな
香味を楽しむもよし、北国に出かけて巨大なフキと戯れるもよし。初夏ならで
はのフキの楽しみ方を見つけてみてください。

【参考サイト,2016年5月8日参照】
※1 野菜情報サイト 野菜ナビ 「フキ」
http://www.yasainavi.com/zukan/fuki.htm
※2 奈良文化財研究所平城宮跡資料館 特別企画展 「地下の正倉院展 長
屋王家木簡の世界」
http://hiroba.nabunken.go.jp/files/File/chikanosyosointen/2008/2008_2k
i_kaisetu.pdf#search=%27%E5%B1%B1%E8%83%8C%E8%96%97%E9%80%B2%27
※3 都立薬用植物園 「フキノトウ」
http://www5f.biglobe.ne.jp/~homepagehide3/torituyakuyou/hagyou/fukinot
ou.html
※4 農学全書 「蕗」
http://www.kkjin.co.jp/yebi_jin/nozen_001.htm#fuki
※5 切手で語る秋田 「フキノトウ」
http://homepage2.nifty.com/beevalley/akita/fukinoto.html
※6 秋田天然記念物の里 「秋田蕗」
http://www.kyoeipalace.com/fuki.html
※7 野菜図鑑 「ふき」
https://vegetable.alic.go.jp/panfu/fuki/fuki.htm
※8 北海道遺産 「螺湾(らわん)ブキ」(足寄町)
http://www.hokkaidoisan.org/heritage/034.html
※9 北海道ファンマガジン 「ラワンブキ、日本一の巨大フキ」
http://pucchi.net/hokkaido/foods/fuki.php
ほか



,:* 季 節 の 行 事 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

黒船祭
[静岡県下田市](5月20~22日)

昭和9年、下田開港につくした内外の先賢の偉業を顕彰し、その偉大なる功績
を永遠に記念するため、併せて世界平和と国際親善に寄与するため、黒船祭が
開催されるようになりました。今年で77回目を迎えます。新緑の季節、なまこ
壁や海兵隊の白と黒のコントラストが美しい、下田市最大のイベントになって
います。

厳かに行われる記念式典や米海軍主催墓前祭、華やかな記念公式パレードでは
国際色あふれる雰囲気を、幕末衣装を着た人々が行き交い、大道芸も披露され
る開国市で幕末の雰囲気を、味わい楽しめることができます。

「下田のまちが3日間だけの幕末タイムスリップ」ゆっくりじっくり先人たち
の時代にひたってみるのはいかがでしょうか。


※ホームページより引用
伊豆下田観光ガイド
http://www.shimoda-city.info/kurofune.html



,:* 和遊苑 おすすめの一品 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

【箱根寄木細工】 手帳/ブックカバー


他では見かけないスタイリッシュなステーショナリーになった、伝統の箱根寄
木細工を使ってみませんか。

細かなパーツで一つ一つ作られた模様は、天然の木目ならではの洗練と温かみ
を帯び、本格的なしっかりとした牛革でライニングが施されています。A6(文
庫サイズ)のノートやスケジュール帳を組み合わせたり、ブックカバーとした
り、自分好みに使うことができます。便利なカード挿しとペン挿しがつき、差
し込みベルトでしっかりまとまります。男性にも女性にも合うオシャレなデザ
インをそろえていますので自分用はもちろん、ギフトとしてもぴったりです。


詳しくはオンラインショップで↓↓
http://wayouen.jp/



,:* JTCOからのお知らせ ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

オンラインショップ『和遊苑』で父の日特集開催中!

いつも家族のために一生懸命働いているお父さん、お礼の言葉もつい言いそび
れがち。今年の父の日は6月19日(日)です。年に一度のこの機会に、いつも
は胸にしまっている感謝の言葉を、本物のギフトを添えて伝えてみませんか。

どんなタイプのお父さんにもぴったりの、洗練されたテイストの工芸品が揃っ
ています。ぜひのぞいてみてください。

粋を感じる父の日ギフト
http://wayouen.jp/?mode=f7


,:* 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

『風物使』第91号(2016年立夏号)を最後までお読みくださったみなさま、
誠にありがとうございました。

最近、事務所近くの愛宕山に西郷隆盛と勝海舟、そして曲垣平九郎(まがき・
へいくろう)の「顔ハメ看板」が設置されているのに気づきました。

調べてみると、ここから西郷と勝が江戸の町を見渡し、無血開城を決めたこと、
平九郎が愛宕神社の境内にある梅の枝を家光公に献上するために、急な石段を
果敢に馬で上り下りしたことがわかりました。

近くのみなと図書館には、こんな話がたくさん詰まったさまざまな郷土資料が
あり、パラパラとめくって見るだけでもとても楽しいものです。
皆さんも、休日に近所の図書館の郷土資料コーナーに立ち寄ってみてください。
見慣れた土地も、歴史を知ることで全く違う場所に見えてくること請け合いで
す。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【季節の使い・JTCO『風物使』】

発 行 日:月2回発行(二十四節気ごと)
発行開始日:2010年6月18日

▼配信先の変更・メールマガジンの解除

JTCOサイトからお申し込みいただいた方:
https://www.ssl-im2.com/jtco/magazine/

メルマガ配信サービスからお申し込みいただいた方:
☆まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0001175473.html
☆メルマ!
http://www.melma.com/backnumber_187367/
☆メルモ(携帯用ダイジェスト版)
http://merumo.ne.jp/00581395.html

▼バックナンバーはこちら(PC用)
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

▼ご意見ご感想はこちらまで(PC用)
https://www.ssl-im2.com/jtco/inquiry/

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【発行元】

特定非営利活動法人 日本伝統文化振興機構(JTCO)
〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-2-1401
TEL/FAX: 03-3431-5030
Webサイト: http://www.jtco.or.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

Copyright(C) 特定非営利活動法人 日本伝統文化振興機構(JTCO)
All rights reserved.



2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook