NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
メルマガ一覧
 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

JTCOメルマガ『風物使』

2014年10月07日 配信
 「虫の音愛でて 秋深まる」~ 季節の使い・JTCO『風物使』寒露号

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜

 「虫の音愛でて 秋深まる」~ 季節の使い・JTCO『風物使』寒露号
    vol.69 2014年10月07日発行(旧暦 9月14日・長月)

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜


┏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┓
 このメルマガは、NPO法人日本伝統文化振興機構(JTCO)のメールマガ
 ジンにお申し込みくださった方、もしくは当機構活動にご協力いただ
 いている個人/団体/法人様にお送りしています。         
┗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥┛

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでし
ょうか。
急に冷え込んで参りましたので、体を暖かくして風邪などひかれないように十
分にお気を付け下さい。

+‥‥+ 2014年寒露号  目次 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 ・今号のテーマ……… 【生物】秋の夜長のお供に:虫の音
 ・季節の行事…………  伊万里トンテントン祭り[佐賀県伊万里市]
 ・JTCOからのお知らせ 伝統工芸品館/文化館に新規記事が続々追加!
 ・編集後記


,:* 今 号 の テ ー マ ━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【生物】秋の夜長のお供に:虫の音

「行水(ぎょうずい)の 捨てどころなし 虫の声」(上島鬼貫)

(訳: 初秋の暑さを逃れ、体を清めるために使った水もここには捨てる場所
がない。沢山の虫達が心地良い音楽を奏でていて、鳴き声を止めてしまうには
あまりにも惜しいから。)

夜になり虫の声を聴くと、秋も深まってきたのだなとしみじみ感じます。俳句
で「虫」と言えば、秋に草むらで鳴く虫たちのことを指し、秋の季語となりま
す。かの有名な、童謡・唱歌「虫のこえ」(作詞・作曲 文部省唱歌)にも、
チンチロチンと鳴く松虫やリンリンと鳴く鈴虫をはじめ、多くの虫たちの愛ら
しい音色が登場します。みなさまは秋の虫と言えばどの虫を想像されるでしょ
うか。

虫の音を詠んだ歌は古くには奈良時代の万葉集に出てきます。

「庭草に村雨降りてこほろぎの 鳴く声聞けば秋づきにけり」
(作者不詳『万葉集』巻10-2160)

(訳:にわか雨が降った後、散歩に出かけると庭草の下からこほろぎの鳴く声
が聞こえてきた。だんだんと秋になってきたのだなぁ。)

万葉集では、秋に鳴く虫を蟋蟀(こおろぎ)と総称していました。その後、平
安時代に入ると清少納言の『枕草子』、紫式部の『源氏物語』にも虫の声に興
じながら酒宴を催したりする様子が書かれています。

さて、虫の奏でる音楽を愛でる文化は、江戸時代に入り全盛期を迎えます。江
戸時代には、虫聴きの名所なるものができ、庶民も武士も虫の音を聴くために
好んで出かけました。一番有名な場所は江戸城を築城した太田道灌(おおたど
うかん)の屋敷があった道灌山であり、次いで真崎(南千住の白髭橋たもと)、
隅田川東岸(牛嶋神社あたり)、三河島辺(荒木田の原あたり)、王子・飛鳥
山辺、麻布広尾のはらが虫聴きの名所でした。道灌山については、松虫が特に
多く澄んだ音が聴けたそうです。(*1)

脳の働きに関するある研究では、虫の音に心地良さを感じるのは日本人とポリ
ネシア人だけで、他の国の人々は雑音として捉えているという結果が出ている
ということです。(*2)具体的には、西洋人は右脳で日本人は左脳で虫の音
をとらえています。左脳は別名言語脳と呼ばれており、日本人は、「虫の音」
を「虫の声」として認識しているので心地良さや風情を感じるのだそうです。

私たちは時代を経ても、虫の音を愛で、秋の深まりや憂いなどの風情を感じる
事が出来ます。日本人ならではの稀有な感受性を大切にし、より一層磨いてい
きたいですね。
都心にいると、なかなか虫の音を聴く機会も少なくなりますが、休日には郊外
に「虫聴き」に行くのも良いのではないでしょうか。

<参考サイト・文献>
*1 いい東京, 道灌山の虫聴き, http://www.ee-tokyo.com/edo/edo-meisyo-g
endai/nippori-kaiwai/doukanyama/doukanyama.html
*2 NAVERまとめ, 秋の虫の声が心地いいのは日本人だけ?音と脳の働きにつ
いて, http://matome.naver.jp/odai/2137825084606568301
ほか

,:* 季 節 の 行 事 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

伊万里トンテントン祭り
[佐賀県伊万里市](10月24日~10月26日)

日本三大けんか祭りの一つに数えられるお祭りで、江戸時代より続く伊萬里神
社の例祭です。「トンテントン」という太鼓の音を合図に、御輿と団車が激し
く衝突しあいます。クライマックスの「川落とし合戦」では、双方が組み合っ
たまま伊万里川に落ち、陸に上がるまでの早さを競います。男たちの荒々しい
競り合いに、祭りの興奮は最高潮に達します。

社団法人佐賀県観光連盟「あそぼーさが」 
http://asobo-saga.jp/event/detail.html?id=459


,:* JTCOからのお知らせ ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

伝統工芸品館・伝統文化館に続々と新規記事が追加されています!

6月に新しいスタッフが参加して以来、毎月10件以上の新規記事が追加されて
おります。あなたの街の工芸品や、お祭りも紹介されているかも。ぜひご覧く
ださい。

伝統工芸品館
http://www.jtco.or.jp/japanese-crafts/index.html ※PCサイト
伝統文化館
http://www.jtco.or.jp/japanese-culture/index.html ※PCサイト


,:* 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

『風物使』第69号(2014年寒露号)を最後までお読みくださったみなさま、
誠にありがとうございました。

業務多忙により、しばらくお休みをいただいておりまして申し訳ございません
でした。久し振りの発行となりました今回は、近日当機構に参加するスタッフ
が執筆を担当いたしました。おかげさまで、今期で当機構も5期目を迎え、活
動もますます活発化してまいります。今後とも、当機構の活動へのご理解、お
よびご支援のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【季節の使い・JTCO『風物使』】

発 行 日:月2回発行(二十四節気ごと)
発行開始日:2010年6月18日

▼配信先の変更・メールマガジンの解除

JTCOサイトからお申し込みいただいた方:
https://www.ssl-im2.com/jtco/magazine/

メルマガ配信サービスからお申し込みいただいた方:
☆まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0001175473.html
☆メルマ!
http://www.melma.com/backnumber_187367/
☆メルモ(携帯用ダイジェスト版)
http://merumo.ne.jp/00581395.html

▼バックナンバーはこちら(PC用)
http://www.jtco.or.jp/pages/magazine.html

▼ご意見ご感想はこちらまで(PC用)
https://www.ssl-im2.com/jtco/inquiry/

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
【発行元】

特定非営利活動法人 日本伝統文化振興機構(JTCO)
〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-2-1401
TEL/FAX: 03-3431-5030
Webサイト: http://www.jtco.or.jp/
編集責任者: 小坂 典子

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

Copyright(C) 特定非営利活動法人 日本伝統文化振興機構(JTCO)
All rights reserved.





2017 クリスマスギフト特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook