NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
コラムバックNo一覧

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

どこまでシェアする?(前編)

2013/08/02
どこまでシェアする?(前編)

今、「シェア」という価値観が一つのトレンドとなっています。

ここ数年で、カーシェアリング、シェアハウス、オフィスシェアリング、ソーシャルネットワークによる情報のシェア。最近では3Dプリンターを介してプロダクトの設計図をシェアする「オープンソース化」というのも話題になっていますね。
多くはビジネス、ライフスタイルの多様化や変化から出てきた「新しい考え方」と思われているかもしれません。
いわゆる「ノマドワーカー」や、20-30代を中心とした若い世代にこの考え方が浸透しておりますが、抵抗を持っている人がいるのも事実ですね。

一方で、日本において少し前までは「向こう三軒両隣」、お隣さん同士で調味料の貸し借りや「お湯(風呂)」の貸し借りなどが一般的に行われていました。
それに加え、日本人は「謙虚」を美徳とし、相手に「配慮」しお互いの「間」を大事にすることで、親交を深めてきました。
また「配慮」を英訳すると”share one's heart”(「[対訳ニッポン双書]日本人の心」より)であり、つまり相手の気持ちを慮り「心をシェアする」ことこそ肝要である!というのが伝統的価値観と言っても過言ではないでしょう。

その考え方は今も変わらず、狭い道で道を譲ってくれた人に対して軽く会釈すれば「ありがとうございます。」と伝わりますし、「空気を読む」というのは正にその場にいる全員で心を「シェア」している好例ですね。

伝統的に言えば、「以心伝心」、「江戸しぐさ」など、当時の社会生活には欠かせないノンバーバルコミュニケーションもやはり「心のシェア」であり、そういった文化の根底には、こんな日本人の独自性が隠れていたのですね。

ではそんなシェア上手な日本人が「シェア」に躊躇するのはどんなときでしょうか。
後編ではそこに迫っていきたいと思います。

お楽しみに!

2013/7/28 yasuda



2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook