NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
コラムバックNo一覧

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

風鈴は新しいメディアへ

2013/07/16
風鈴は新しいメディアへ

毎日暑い日が続いておりますが、皆様夏バテなどしておりませんでしょうか。
空調の効いた涼しい部屋で乗り切るのも一つの手ですが、暑さと上手に付き合うというのも、日本人が培ってきた知恵ですね。

打ち水、簾(すだれ)、ござ、浴衣にかき氷…。様々ございますが、やっぱり風鈴は外せません。
「音に涼をとる。」というのは日本独自の文化です。
ガラスや鉄、銅、陶器など素材も幅広く、奏でる音色も高く透き通るように響くものもあれば、コロンとした心地よい濁りのある音もあります。
そんな音の中に「川のせせらぎ」や「虫の鳴声」を連想し、ほっと一息つく。
このように風鈴から涼を感じるようになったのは、江戸時代頃からのようです。
じっとりと暑い日本の夏に、耳から心を涼む、という何とも奥ゆかしく豊かな感性は、江戸も平成も変わらないということです。

ただ、最近は近隣住民の騒音などを考えて、この風鈴を楽しむにもマナーが必要です。
室内で、外に音の漏れないように、夜は外して、などなど…。
多様な価値観がありますから、マナーは大事ですね。

そんな現代で「500個の風鈴の音を聴く」という大胆な催しがあるのをご存知でしょうか。
東京都大田区にある池上本門寺の境内にて、今年で9回目を迎えるイベントです。

東急池上線池上駅を下車し商店街を歩いていくと、商店の軒先にかかった風鈴が、優しい音色で誘います。
山門を臨むアプローチに辿り着くころには、境内へ続く長い階段の上から、微かに、風に乗って高い澄んだ音が聞こえてくるのです。

いざ境内に着くと、風の強弱に合わせて500もの風鈴が短冊を揺らし、時に壮大に、時に漂うように、共鳴します。
ワークショップを通じて来訪者に書いてもらったという短冊には、それぞれの願いが書かれています。

テーマは「つながり」。
風を感じる=自然と「つながる」。
願い事を通して想いが重なる=人と「つながる」。

平安時代に中国から日本に伝来し、長い歴史を経て厄除けから夏の風物詩となった風鈴は今、新しいつながりを生む「メディア」としての役割を担おうとしているのかもしれません。
伝統とは変化、革新を以て初めて次代に受け継がれていくものです。この変化の途上こそ、「伝統」が生まれる瞬間なのかもしれないと思うと、ワクワクしますね。

イベントは7月20日土曜日まで行われています。
皆様ぜひ一度足を運んでみてください。

HP:http://www.ikiiki-community.org/event.html
facebook:https://www.facebook.com/500windbells


2013/7/15 yasuda



2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook