NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
コラムバックNo一覧

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

日本のモダンホテル 十選

2012/09/06
日本のモダンホテル 十選

「東京ステーションホテル」

これまで、日本のさまざまなモダンホテルを紹介してきた。最終回は、今もなお現役で活躍しているホテルのなかでも、とびきりの名建築を紹介したい。東京ステーションホテル=東京駅である。
 大正3年(1914年)12月、東海道本線の起点として開業した東京の表玄関、東京駅。その翌年、客室数72室、宴会場を備えた東京ステーションホテルが駅舎内に開業した。建物を設計したのは、奈良ホテルも手がけた明治建築界の帝王・辰野金吾である。
 全長330メートルの長大なルネサンス様式の駅舎。退屈さを与えないよう、要所要所にゴシック様式的な垂直線が付与されている。壁面は、赤煉瓦(れんが)と白い石の色彩的対照がめざましい、いわゆる「辰野式」。皇后と正対する左右対称の雄渾(ゆうこん)な建築の完成は、建築家辰野金吾の人生を輝かしく締めくくった。
 東京駅は、関東大震災には耐えたが、第2次大戦の空襲で両翼ドームと3階部分が大破し、2階建て+寄棟屋根の姿となった。平成19年(2007年)、開業当初の姿への復元と保存及び耐震補強工事が着手され、ステーションホテルも営業を休止した。その工事が今年の10月3日、いよいよ完了し、ホテルも営業を再開する予定である。ホテルの2階廊下からは、丸の内南口の吹き抜け空間が見下ろせるはず。真っ先にその風景を目にする人は誰だろうか。

(出典・日経新聞2012/9/4 江戸東京博物館研究員 米山 勇)


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook