NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
コラムバックNo一覧

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

メートル原器、重要文化財に

2012/06/18
メートル原器、重要文化財に

物差しの物差し、日本で70年


小さなレールのようにも見える細い棒。1メートルを定める物差しにあたるメートル原器だ。産業技術総合研究所の所有で、近く国の重要文化財に指定される。
 原器の素材は白金90%、イリジウム10%の合金でできている。
 熱で膨張しにくいうえ、年月がたっても変形が小さいく、硬いといった要求を満たす。しかも断面はX型に加工して曲げにも強い。
 重さが3.28キログラムで、長さは102センチメートル。作製当初は両端から1センチメートルの所にそれぞれ3本の線があり、真ん中の線を結んだ長さを1メートルと決めていた。
 メートル条約が結ばれたのは1875年。3年後に国際度量衡委員会が
30本の原器を製作した。
 そのうちの1本が122年前、フランスから日本に渡ってきた。
 日本では1891年にメートル法に基づいて度量衡法が公布され、メートル原器が長さの標準となった。
 関東大震災や太平洋戦争の災禍を免れて保存されてきたが、メートルの決め方は変わった。
 1960年にメートルの定義は光の波長に基づくものに変わり、原器は役目を終えた。
 今では、1メートルの長さを「1秒の299792458分の1の時間に光が真空中を伝わる行程の長さ」と決めている。
 
(出典・日本経済新聞 2012/6/17)


2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook