NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
コラムバックNo一覧

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年

正しく教え「伝統と文化を尊重」

2012/06/12
正しく教え「伝統と文化を尊重」

祝日・祭日の由来と意義


すでにほとんどの国民は、祝日と祭日の違いを説明することはできないはずだ。
「ハッピーマンデー」の導入によって、祝祭日の意義に思いをはせる機会は確実
に消滅している。それどころか、月曜日の授業回数の不足を補うために、大学で
は祝祭日に授業をすることが常態化しつつある。
 もっとも、祝日と祭日の意味を説明できないことは必ずしも責められない。戦
後の学校教育では祝日・祭日の意義を教えられることはなく、教科書のどこにも
書いていないからである。
 戦前の教科書は違った。修身教科書では、「祝日・大祭日」「春から夏へ」「
秋から冬へ」「新年から春へ」などの項目で、祝日・祭日の由来と意義が詳しく
記述されていた。
 例えば「祝日・大祭日」では、11月23日の新嘗祭(にいなめさい)を次のよう
に説明している。
 「此の日には、宮中の新嘉殿(しんかでん)で、神々に初穂をお供へになつて、
天皇陛下御みずから、新穀を召上ります。(中略)祝日と同じく、我が国にとつて
まことに大切な日で、宮中では、天皇陛下御みずから、おごそかなお祭をあそば
されます。ことに新嘗祭には、霜の白く置く頃の寒い夜を明け方にかけて、御み
ずから、ごていねいに神々をお祭りになり、今年の秋のみのりのお礼を、神々に
申し上げさせられます」
 修身教科書での祝日や大祭日の記述は、「国旗」「君が代」などの項目との関
連も強く意識された。
 「祝日・大祭日」も「私たち臣民は、祝日・大祭日が我が国にとつてまことに
大切であるいはれをわきまへ、我が国がらの尊いことを思ひ、忠君愛国の精神を
深くしなければなりません。そうして、其の日には、国旗を立てて真心をあらは
さなければなりません」と結んでいる。
 教育基本法第2条には、「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国
と郷土を愛する」ことが規定されている。祝日と祭日の由来と意義を正しく教え
ずに、「伝統と文化を尊重」することはできない。また、歴史と「わが国がら」
の尊さをを教えることなしに、「我が国と郷土を愛する」心を育てることも不可
能である。

(出典・産経新聞2012/6/7 武蔵野大学教授 貝塚茂樹)


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook