NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization

日本伝統工芸品産業に関するアンケート~Ⅱ

2017/07/20
日本伝統工芸品産業に関するアンケート~Ⅱ



「日本伝統工芸品産業に関する知的財産権・業態アンケート」
~調査分析結果のご報告 第二弾~
「伝統工芸品産業・地域振興Ⅱ」




当機構では去る2016年11月、金沢工業大学院生 石井典子さんとの共同研究として「日本伝統工芸品産業に関する知的財産権・業態アンケート」 実施いたしました。
このアンケートは、伝統工芸産業内における知的財産に関する現状や問題点、また生産活動を行う上での問題点を明らかにすることを目的として行ったもので、多くのご協力のもと121もの団体・企業様より回答を賜ることができました。ご回答くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

下にアンケートの調査分析結果第2弾として「伝統工芸品産業・地域振興Ⅱ」の結果をご報告いたします。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

調査内容

●名称:「日本伝統工芸品産業に関する知的財産権・業態アンケート」~伝統工芸品産業・地域振興Ⅱ~

●目的:伝統工芸産業を生業としている個人・団体が生産活動を行っていく中で感じている問題点・ 今後の課題を明らかにする
    
●調査者:「伝統工芸品産業・地域振興Ⅱ」…及川 秀吾
     
●対象:日本伝統工芸士、製造事業者、事業協同組合他330件(内回答があったのは121件)

●方法:アンケート用紙を郵送にて送付。回答をFAXで返信、もしくは返信用封筒で返送。


調査結果
アンケート送付330件中、121件から回答をいただきました。
カテゴリー別の回答件数は下の表のようになっております。全てのカテゴリーの方々からバランスよく回答いただくことができました。

回答者

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

~伝統工芸品産業・地域振興Ⅱ~【調査者:JTCO 及川 秀悟】

Q1.貴伝統工芸品業界ではどのようなことが課題ですか。(複数回答あり)
Ⅱ問1

Q2.販路開拓はどのようにされていますか。(複数回答あり)
Ⅱ問2

Q3.人材育成・後継者育成はどのような状況ですか。(複数回答あり)
Ⅱ問3

Q4.営業形態について教えてください。(複数回答あり)
Ⅱ問4

Q5.観光客や工房体験希望者を受け入れていますか。
Ⅱ問5

Q6.観光客・工房体験者受け入れ状況について。
Ⅱ問6

Q7.海外販路開拓について考えていますか。
Ⅱ問7

Q8.Q7 で「考えている」と回答した方はどの 方面に考えていますか。(複数回答あり)
Ⅱ問8

Q9.海外進出の課題は何ですか。(複数回答あり)
Ⅱ問9


また、これからの日本伝統工芸品の海外販売については下のようなご意見をお寄せいただきました。


 ・言語や人材、決済の問題などがあり、個人単位での海外進出は難しい。海外業者、輸出販売業者と取引していけるとありがたい。
 ・ターゲットとする国に公的なチャレンジショップを設けるなど、国等の支援があると嬉しい。
 ・公共事業としての海外販路戦略は既に行われているが、多大な税金を投入している割に効果がない。意味がないことは行わない方が良い。
 ・ターゲットとする国の好みに合わせてデザインなどを考える必要があると思うが、資金や言語の面で市場調査が難しい。
 ・外国のライフスタイルに合わせるのではなく、日本の文化そのものを輸出し、日本の良さを伝える方法が適していると思う。
 ・素材の特性上、アフターサービスなどができない海外への販売は難しい。



+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

アンケート調査の結果、以前から問題とされている技術者の高齢化や後継者不足が、引き続き大きな問題となっていることが分かります。

また、海外への販路拡大については、選択式の回答には選ばれていませんでしたが、全体として下のような点が課題となっているようです。
 ・資金力 ・語学力 ・生産力 ・人材不足
海外への販路拡大については、課題は多いものの、その部分を公的に支援してほしいというご意見は少なく、それよりも実際に海外に流通経路を持っている業者とのつながりを作りたい、と考えておられる方が多く見受けられました。
その他、工芸によっては素材の特性上、『湿度や気温が大きく違う海外では変質や破損の恐れがあるため海外への販売は考えていない』、というご意見も少なくありませんでした。

今回のアンケートにより、以前から伝統工芸産業全体の問題として一般に認識されていた部分だけではなく、実際に作成にあたっておられる方の様々なご意見を伺うことができました。 当機構といたしましても、これらの寄せられた意見をもとに、実情に即した知的財産権に関するセミナーの開催や、海外への販路拡大を行うなど、より良い伝統工芸産業のあり方を求め活動してまいりたいと思います。 ご協力くださいました皆様には、改めて御礼申しあげます。


第一弾「知財アンケートⅠ」アンケート結果とまとめへ


レポート編集者/JTCO 中村あゆみ


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook