JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
魚津のタテモン行事 | 祭り カテゴリ

総数:121件

伝統文化

魚津のタテモン行事
伝統文化の分類 祭り
文化名 魚津のタテモン行事



魚津のタテモン行事《特徴》
「魚津のタテモン行事」は、富山県魚津市で開催される「じゃんとこい魚津まつり」の期間中に、開催されるメイン行事の一つになっています。

「たてもん」とは、高さ約16mもある大柱に、90余りの提灯を、三角形につるし下げ、その下に絵額をつけ、長さ10m、総重量約5トンもある、そり台に立てて、80人程の人々よって、威勢よく曳きまわす船型の万燈です。この形は、三方に贄者(にえもの)を、山と積んで神前に供える形をかたどったもの、あるいは全体が、帆をあげた漁船をかたどったものといわれ、また神前に供え捧げたてまつる言葉が、なまり「たてもん」と呼ばれるようになったといわれています。

「魚津のタテモン行事」は、毎年8月第1金曜日・第1土曜日の夜、諏訪町の漁夫の宮「諏訪神社」氏子の町内から、7台の「たてもん」が繰り出されます。「たてもん」は、はっぴ姿の威勢のよい若者によって曳き廻され、何百という美しい提灯のあかりが夜空を彩り、若者のかけ声が海上に響きます。 若者の力のほとばしりによる、「たてもん」の移動は、天地も躍動する感を与え、見る人の手に汗を握らせます。たてもん祭りは豪快で、勇壮で、華麗で、その優美さは、まさに夏の夜の風物詩であり、魚津が誇る郷土行事の一つです。

この「タテモン行事」の由来を探ると、約300年前から、大漁と海上の無事安全を祈る氏子の気持ちが、このような形となったといわれています。また、各町内が、いくつかの提灯を台上に吊して町内をかつぎまわったものが、その後、次第に提灯の数を増やし、明治の頃は25張、大正の始めは50張と数はさらに増え、今日のような形になったと伝えられています。

昭和30年初期ごろは、諏訪神社の目の前は砂浜があり海が続いていました。「たてもん」も当時は、その砂浜を曳いており、下部がそり台なのはそのためであると言われています。諏訪神社の南側に鴨川があり、北側にも今は幅の狭い川が流れています。その両側よりも外側の町内は、たてもんを奉納するためにその川を渡ってきたと言われています。魚津市内のありそドームや新川文化ホールには、たてもんの縮小版が展示されています。

[国選択無形民俗文化財]
提供: 魚津市観光協会 様


所在地 魚津市諏訪町1-16 諏訪神社周辺
展示場&開催場所 魚津市諏訪町 諏訪神社
問い合わせ先 魚津市観光協会
Tel 0765-22-1200
アクセス 交通アクセス情報 魚津ICより 滑川ICより JR魚津駅より
魚津ICよりまで車で15分、JR魚津駅よりタクシーで10分
富山地方鉄道電鉄魚津駅より徒歩 20分
観るポイント 2日目の夜に行われる海上花火大会では、たてもんと花火の競演が見られます。夜空に咲き誇る花火と、堂々とそこにかまえるたてもんが、とても美しい光景を造り出します。
伝統文化の
体験・一般参加
「魚津のタテモン行事」を見学いただけます。
場所:諏訪神社
日時:8月第1金・土曜日
URL http://www.uozu-kanko.jp/?p=9



2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook