JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
泣き相撲 | 郷土芸能・民俗芸能 カテゴリ

総数:121件

伝統文化

泣き相撲
伝統文化の分類 郷土芸能・民俗芸能
文化名 泣き相撲



《特徴》
子供の健やかな成長を祈願して開催されている奇習行事、鹿沼市樅山町の「生子神社の泣き相撲」は、毎年9月19日(日曜日でない時は次の日曜日)を大祭日と定め実施されます。

安産子育ての守護神を祭神に祀る生子神社の境内の土俵に、役員氏子がまわし姿の力士に扮し、東西の土俵から幼児同志を抱きかかえ、掛け声と共に、頭上高く振り上げて取組ませ、先に泣いたほうを勝ちとする行事でしたが、現在では勝ち負けはありません。

この相撲の目的として、強固な精神力と頑健な体力を養い頭のいい子に育てる、ということがあります。また、御神徳をいただいて幼児の健康や健やかな成長を祈願するため、全国から多くの方が集まります。

また、泣き相撲の開催される「生子神社(いきこじんじゃ)」には以下のような伝説が残っています。
昔、流行病で子供を亡くした夫婦が、おりました。嘆き悲しんだ夫婦は我が子の亡骸を背負い、神社の境内の泉に水行のうえ我が子の蘇生を祈りました。毎年御供えものをしてお祭りをします、と願ったところ、その3日後に、なんと子供が大声をあげ泣き出して生き返ったのです。

「泣き相撲」とは、そんな不思議な言い伝えのある神社で行われる、子供の健康を願うための行事なのです。

[国選択無形民俗文化財、鹿沼市指定無形民俗文化財]
提供: 鹿沼市観光物産協会 様


所在地 栃木県鹿沼市樅山町1167
展示場&開催場所 栃木県鹿沼市樅山町 生子神社
問い合わせ先 鹿沼市観光物産協会
TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
アクセス 電車: 東武日光線樅山駅から徒歩15分
バス: リーバス口粟野線「生子神社入口」下車徒歩10分
車: 東北自動車道鹿沼I.Cから15分(約7km)
タクシー: 東武日光線新鹿沼駅から約10分
観るポイント 全国的に有名な「泣き相撲」は、テレビ・ラジオ・各新聞雑誌等によって紹介されています。元気に泣く赤ちゃんを見て、おもわず顔がほころぶこと間違いなしでしょう。
伝統文化の
体験・一般参加
【参加】どなたでも「泣き相撲」にご参加いただけます。
参加費:4,000円(当日申込んで参加できます)
※事前申し込みは、鹿沼市観光物産協会(屋台のまち中央公園)で7月より受け付けています。事前申し込みの場合は、参加費:3,500円となっていますが、現金と引き換えになります。/屋台のまち中央公園の休園日:月曜日(祝日を除く)と年末年始/参加年齢:生後6か月位の首の据わったお子様~3才位まで
URL http://www.kanuma-kanko.jp/miru/event_details13.shtml



2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook