JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
諏訪神社獅子舞 | 郷土芸能・民俗芸能 カテゴリ

総数:121件

伝統文化

諏訪神社獅子舞
伝統文化の分類 郷土芸能・民俗芸能
文化名 諏訪神社獅子舞



《特徴》
獅子舞が天狗と共に、各家ごとを回り、悪魔を祓い清め、五穀豊穣を祈り舞います。

「獅子の悪魔祓いの舞」 「天狗のだし舞」 「獅子と天狗のかかりの舞」 「剣の舞」などさまざまあり、いずれも笛・太鼓に合わせ演舞します。

これは山伏の古い神楽が、後世の太神楽の二人立舞の影響を受け出来たもので、歴史的にとても古く、中世からの伝統芸能と言われています。

また、使用する獅子にも特徴があります。
伝統の舞に新潟県(越後)からの伝承を附加した一頭の「二人立ち獅子」で、頭持ちは獅子頭をすっぽりと被り、尾持ちはねじった胴幕の尾を首に巻いて持ちます。

所作事も特に優れていて、この地方としては他に類を見ない獅子舞です。

[町指定無形民俗文化財]
提供:朝日町役場


所在地 富山県朝日町笹川
展示場&開催場所 諏訪神社(4月第2土曜  8月第4土曜 開催)
問い合わせ先 朝日町役場 TEL 0765-83-1100
観るポイント 大きな獅子頭を被って行う獅子舞。さまざまな地方で神社の祭等で行われ、日本の代表的は祭礼芸能と言っても過言ではありません。笹川の諏訪神社では、春秋2回の祭りに獅子舞と天狗が各家ごとを回り、悪魔を払い 豊作を祈り舞います。
URL http://www.town.asahi.toyama.jp/index.php?u=site/bunkazai/sisimai.html



2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook