JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
熊襲踊り | 郷土芸能・民俗芸能 カテゴリ

総数:121件

伝統文化

熊襲踊り
伝統文化の分類 郷土芸能・民俗芸能
文化名 熊襲踊り



熊襲踊り《特徴》
南九州で、強い勢力を持っていた熊襲(くまそ)はしばしば反乱を起こし、村人を苦しめました。この反乱を鎮めるため、天皇は熊襲征伐をヤマトタケルノミコトに命じます。しかし、酋長クマソタケルに容易には近づけません。そこでタケルノミコトは女装をして、熊襲族の宴に紛れ込み、隠し持っていた剣で酋長を征伐しました。これを聞いた村人達は、手に鍬やバラ(竹で編んだざる状のもの)などを持ち、叩きながら大喜びしたといいます。これが今日にユーモラスに伝承されている、熊襲踊りの由来だと言われています。

昔は質素な野良着で踊っていたそうですが、現在は白い衣を着て、頭に棕櫚皮(しゅろかわ)作りの髷をつけた鉦組(かねぐみ)4人を中心に、同じ扮装で仮面を付け、背にタスッ(藁製の大しめ縄)を背負い、胸から腹にバラ太鼓を抱えた14人が外輪となって、鉦やバラを打ちながら「高い丘居から熊襲じゃないか 鬼か鬼人か化け物か」などと唄って、走り・転げ・踊り手が倒れ重なるなどいくつもの技を野性的かつユーモアに踊ります。

[宮崎県指定無形民俗文化財]

提供:都城市役所


所在地 宮崎県都城市庄内町
展示場&開催場所 諏訪神社(毎年11月28日開催。所在地:都城市庄内町12360)
問い合わせ先 都城市生活文化課 TEL 0986-23-2132 FAX 0986-23-3223
観るポイント 熊襲踊りは、ものものしい装束、猛々しい芸態が特徴。装束はクマソタケルの風貌をかたどったと言われています。躍動的で力感に溢れた古来からの伝統芸能です
URL http://cms.city.miyakonojo.miyazaki.jp/display.php?cont=120921151958



2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook