JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
熊甲二十日祭の枠旗行事 | 祭り カテゴリ

総数:121件

伝統文化

熊甲二十日祭の枠旗行事
伝統文化の分類 祭り
文化名 熊甲二十日祭の枠旗行事



熊甲二十日祭の枠旗行事《特徴》
この祭りは、久麻加夫都阿良加志比古神社(熊甲神社)の大祭で、毎年9月20日に行われることから『二十日祭り』とも呼ばれています。

町内の各集落に鎮座する19の末社からくり出した神輿は、猿田彦の先導で、高さ20メートルばかりの深紅の大枠旗やお道具を従え、
「イヤサカサー」の掛け声と鉦・太鼓の音も賑やかに、本社に参入します。

拝殿に全ての神輿が参入すると、本社で奉幣式に移り、若衆が鉦・太鼓を打ち鳴らし、それに合わせて猿田彦が境内にいっぱいに乱舞します。

[国指定重要無形民俗文化財]

提供:七尾市観光協会


所在地 石川県七尾市中島町宮前
展示場&開催場所 熊甲神社(毎年9月20日開催)
問い合わせ先 七尾市観光協会 TEL 0767-53-8424
アクセス 熊甲神社(七尾市中島町宮前)
のと鉄道七尾線 能登中島駅からタクシーで5分
観るポイント 神社での祭典後、本社の神輿を先頭に、境内から700メートルほど離れた加茂原(かもはら)へ移動します。
加茂原ではお練り(おねり)が行われ、早廻りや枠旗を地上すれすれまで傾ける「島田くずし」と呼ばれる大技も披露され、祭りは最高潮に達します。
URL http://www.nanaoh.net/p136.html



2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook