JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
稲荷神社獅子舞 | 郷土芸能・民俗芸能 カテゴリ

総数:121件

伝統文化

稲荷神社獅子舞
伝統文化の分類 郷土芸能・民俗芸能
文化名 稲荷神社獅子舞



稲荷神社獅子舞《特徴》
上新田稲荷神社には、元禄年間(300年前)から獅子舞が伝わっています。
氏子の安泰、五穀豊穣、悪魔払いを祈願し、毎年2月11日の春祭りに上新田(3丁目・角町)で行われます。
獅子舞はオトウカ(稲荷)、カンカチ(稚児)、前獅子(牡)、中獅子(牝)、後獅子(牡)と笛数人で構成されています。
当日は稲荷神社で剣の舞を奉納したあと、国道354号を往来し、町内の両端で四方固めの舞を行います。


玉村町重要無形民俗文化財


玉村町サイト コンテンツ内
「稲荷神社獅子舞」より転載


所在地 群馬県佐波郡玉村町
展示場&開催場所 上新田稲荷神社
問い合わせ先 玉村町教育委員会生涯学習課文化財係
アクセス 電車:JR高崎線 新町駅からタクシーで10分。
車:関東自動車道 藤岡ICから20分 、北関東自動車道 前橋南ICから10分
観るポイント 上新田稲荷神社で奉納の舞を舞った後、町内の両端で四方固めの舞としてボンデンを舞います。そのあと公民館において、子供と大人両方の獅子舞が披露されます。
URL http://www.town.tamamura.lg.jp/rekishi_bunka/matsuri/mati-mukeiminzoku.html



2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook