JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
高岡御車山祭 | 祭り カテゴリ

総数:121件

伝統文化

高岡御車山祭
伝統文化の分類 祭り
文化名 高岡御車山祭



高岡御車山祭《特徴》
高岡御車山は1588年(天正16年)太閤豊臣秀吉が、後陽成(ごようぜい)天皇と正親町(おおぎまち)上皇を聚楽第(じゅらくだい)に迎え奉るときに使用した御所車を加賀前田家初代当主・前田利家公が拝領し、二代当主・前田利長公が1609年(慶長14年)に高岡城を築くにあたり、町民に与えられたのが始まりと伝えられています。
京都祗園の祭礼にならって鉾山に改造され、高岡関野神社の祭礼日に神輿とともに曳廻されてより以来、今日に至るまで高岡の発展とともに継承されてきました。
御車山は御所車形式に鉾を立てた特殊なもので、高岡町民の心意気と財力に支えられ、格式を保ち高岡の金工、漆工、染色などの優れた工芸技術の装飾が車輪や高欄(こうらん)、長押(なげし)等に施された日本でも屈指の華やかな山車です。


国重要有形民俗文化財(高岡御車山 7基)
国重要無形民俗文化財(高岡御車山祭の御車山行事)
富山県指定有形文化財(山車の「工芸品」)


高岡市観光情報サイト コンテンツ内
「高岡御車山祭」より転載
「高岡御車山祭公式ホームページ」より転載


所在地 富山県高岡市
展示場&開催場所 高岡山町(やまちょう)一帯
問い合わせ先 高岡市商業観光課
アクセス JR北陸本線 高岡駅より徒歩約10分

詳細はHPをご参照ください。
観るポイント 高岡町民の心意気と財力に支えられ、格式を保ち高岡の金工、漆工、染色などの優れた工芸技術の装飾が車輪や高欄(こうらん)、長押(なげし)等に施された、日本でも屈指の華やかな山車が町々を巡行する祭りの華麗さは圧巻です。
URL https://www.city.takaoka.toyama.jp/kankou/mikurumayama260501.html



2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook