JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:336件


都道府県

総数:336件

伝統工芸品茨城県

茨城県
工芸品の分類 陶磁器
工芸品名 つくばね焼

主要製造地域:茨城県




《特徴》
筑波山中腹にある窯場で筑波山の土をベースに全国の土を試しながら、ろくろを中心に作陶を行っています。釉薬も山中の草木や梨灰などから自作しています。
「使われてこそ器」をモットーに、手に入れやすく、使いやすい目指し、主に食器や茶器、酒器、花器などを製作しています。
窯は登り窯の他、灯油窯など4機を使用しており、年に一度は登り窯での焼成を行っています。

[ 茨城県指定 茨城県郷土工芸品 ]
提供 : つくばね焼 窯元・陶梅田 様

素材 筑波山周辺・その他全国各地の陶土、山中の草木、梨灰
製法・工法 【1】釉薬の調合
以下の材料を配合していきます。釉薬の色は木灰の素となる木の種類によって異なります。また、金属の鉄粉や銅粉なども使用します。
・基本材料となる長石粉、石灰、木灰…長石は陶器のガラス質をつくり、石灰と木灰は溶融剤(釉薬を溶けやすくする)となります。
・珪石…釉薬に粘りを出します。
・カオリンや粘土粉…釉薬が沈殿して固まるのを防ぎます。
・亜鉛粉…釉薬を結晶させます。

【2】陶土作り
筑波山の窯場周辺の粘土質の土を水漉(※1)してあくを抜き、ベースとして使用します。筑波山の土は緋色が良く出ますが、耐火度が低いため、瀬戸や信楽の粘土をブレンドします。

※1…土を水に溶かして、ふるいを通すことで粗い砂や草木の根を取り除く方法。

【3】成形
ろくろを中心にたたらづくり(※2)や紐づくり、手び練りなどで成形します。

※2…土を平たい板状にし、へりをまげて縁をつくったり、他の粘土板とくっつけたりして成型する方法。

【4】焼成
薪による登り窯や灯油窯を使用し焼成します。
歴史 約60年前、初代梅田美保が有田焼の職人を呼んで登り窯を作り、萩焼の陶工と作陶したのが始まり。昭和63年に茨城件郷土工芸品の指定を受けました。
登り窯の他に灯油窯などを増設しながら製作を続け、様々な展覧会に出店し、雑誌・TVでも取り上げられています。現在、制作の他に陶芸教室や体験教室なども行っています。

◆展示場所
つくばね焼ギャラリー 陶梅田
〒300-4353 茨城県つくば市沼田1700-8
TEL/029-866-2688 FAX/029-869-9281
公開日:土、日、祝(「梅まつり」開催期間中は毎日公開)
※平日は不在の場合もありますのでお電話のうえご来山ください。



◆イベント開催
・梅まつりセール(2・3月)
・七夕セール(7月7日前後)
・紅葉セール(11月)
詳しくは 陶梅田 までお問い合わせください。



2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook