JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品福島県

福島県
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 つる細工

主要製造地域:福島県




《特徴》
福島県、南会津郡只見町では、自然に育ったマタタビやアケビ、ブドウなどのつるを編みこんだつる細工が、昔から生活用品として使われてきました。

つる細工の編組(あみくみ)技術やデザイン研究など、町を挙げて取り組んでいるのは、全国でもここでしかみられません。つるを取るところから仕上げまで、1人の職人の手によって、1つ1つ丁寧に手作りされます。素材のもつ素朴さから、ふるさとの野山の香りや温もりが、そのまま伝わってきます。また、とても丈夫な点も特徴のひとつ。

現在では、実用品としてはもちろん、自然を活かしたインテリアとして、幅広く多くの方に愛用されています。

[ 福島県指定伝統的工芸品 ]
提供 : 明和民芸品保存会 様

素材 つる(マタタビやアケビ、ブドウなど)
製法・工法 【1】 下準備
使用するつるを採取し、下準備をします。
例えば、マタタビづるの場合、採取したら乾かないうちに四つ割りにし、芯をそぎ落とし厚さと幅を整えるよう削っていきます。
アケビづるの場合は、生のうちに根や節などを取り除き、風通しのよい日陰で乾燥させます。太さや長さ別に分類し、日照をさけ、湿気の少ない場所に保存します。

【2】編む
ザルやカゴなど用品によって編み方はそれぞれですが、つる細工はタテ糸とヨコ糸で織られる織物と同じで、タテ糸にあたるタテ芯と、ヨコ糸にあたるアミ芯とがあります。
タテ芯はアミ芯より少し太めの強度のあるつるを使いますが、太いつるを使う代わりにタテ芯を2本にする場合もあります。

タテ芯が弱いとアミ芯に負けてしまい、形が崩れてしまったり、軟弱で不安定なものになってしまうので注意が必要です。
歴史 山間部で採取される、マタタビやアケビ、ブドウなどのつるを素材とするつる細工は、古くより東北の山間地における積雪期の手仕事として、日常の生活に用いるカゴやザルなどが作られてきました。親から子へと伝承され、今に至ります。

現在では、カゴやザルなどの実用品だけではなく、バックやランプシェード、花かごなどの装飾品やインテリア等、様々なデザインの製品がつくられています。

◆展示場所
明和民芸品保存会
 〒968-0601 南会津郡只見町大字小林字上照岡1300
 TEL : 0241-86-2111






2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook