JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品三重県

三重県
工芸品の分類 人形
工芸品名 さるはじき

主要製造地域:三重県




《特徴》
お守りとしての役割をもつ玩具の中に厄をはらうものがあります。
三重県松阪市の郷土玩具、「さるはじき」もその一つです。

「厄をはじきさる」と伝えられている、役落としの縁起物です。素朴な竹製の玩具で、竹軸の下の竹弓をはじくと、猿の人形が上の方にはね上がる仕掛けになっています。先端に飾り羽根が付いているのが特徴です。

三重の岡寺山継松寺は、厄除け祈願のお寺として有名で、昔から初午大祭(三月上旬)には大勢の人がお参りに訪れ、厄除けとしてさるはじきを買い求めていきました。現在では、初午の際だけではなく、年間を通じて松阪のお土産として喜ばれています。

厄が「さる」という意味と、昔から猿は厩舎(うまや)の守り神と伝えられ、馬とは縁が深く、初午とつながり、厄除け玩具に猿が使用されるようになったと言われています。

[ 三重県指定伝統的工芸品 ]
提供 : 時計屋なかの 中野 良一 様

素材 孟宗竹(もうそうちく)、飾り羽根など
製法・工法 【1】 竹を採る
10月から11月の頃、材料の孟宗竹を山に採りに行くところから仕事が始まります。
竹がほど良く乾いた年明けから、作業に入っていきます。

【2】 竹を削る
直径十数センチの竹を1センチ幅に割って本体を削っていきます。
この削る作業は、なかなかの力仕事です。

【3】成形、装飾
弓になる竹の削り具合や、穴の開け具合は、経験や熟練した技術が必要な工程です。
出来上がった本体に紙テープを巻き、猿や羽根などの装飾を行います。
歴史 災難が身に降りかかるおそれが多いので、気をつけなければならないとする年齢を厄年といいます。数え年で、男性は25歳・42歳、女性は19歳・33歳とされています。

三重県松阪市にある岡寺山継松寺は、聖武天皇の42歳の厄よけに、本尊の如意輪観音を宮中に移したとの言い伝えから、厄除け祈願のお寺として知られ、初午大祭(3月上旬)には大勢の人がお参りに訪れます。
 「厄をはじき去る」の語呂にちなみ、厄よけの縁起物として人気のある「さるはじき」。バネになった竹をはじくと、猿が飛び跳ねるしかけで、昔から、松阪近郊の農家や、町の商店の方々により製作され、大祭の時に露店などで販売されていました。

現在も厄除けの玩具として作り続けられ、厄除けやお土産として、多くの人が買い求めていきます。
関連URL http://www.mctv.ne.jp/~antique/saruhajiki/saruhajiki.html

◆展示場所
時計屋なかの
 〒515-0083 三重県松阪市中町1931番地
 TEL&FAX : 0598-21-7010
 定休日 : 木曜日



◆イベント開催
時計屋なかの
 さるはじき製作の一部を体験できます。
 お問い合わせ先 : TEL&FAX : 0598-21-7010


2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook