JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品静岡県

静岡県
工芸品の分類 人形
工芸品名 駿河雛人形

主要製造地域:静岡県




《特徴》
駿河雛人形の大きな特徴としては、胴体部に他地区と比較して太い藁胴(わらどう)が使われ、胸の部分のカーブに合わせて斜めに削られている点です。藁胴が使われたのは、静岡県中部地域で米が多く生産され、稲藁が入手しやすかったからと思われます。また、輪郭線が鋭く、堅牢なつくりも特徴的です。

また、人形の衣装の上下が別になっており、この点で上下一体の京都製と大きく異なっています。このことにより、分業による生産が可能となり、静岡では量産化に成功し、人形の胴体(胴柄)生産では全国生産の約7割を占めるまでになっています。

雛人形の製作工程には、「振り付け」といって、両手を曲げる工程があります。この作業には職人の技術が集約されており、曲げの形から誰の作かが分かるほど、衣装の色や柄と同様に職人の個性が垣間見ることができます。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
情報提供 : 駿河雛人形伝統工芸士会 様
写真提供 : 静岡市役所 経済局 商工部 産業振興課 地場産業係 様

素材 稲藁、織物、和紙、綿など
製法・工法 【1】 生地選び
伝統装束の意味合いから逸脱しないよう、色・絵柄・文様などを吟味し、生地を選びます。

【2】張り込み・裁断
人形の寸法に合わせ、和紙・洋紙の型紙を裁断し、その型紙を生地の裏側に貼っていきます。(裏打ち)
糊が乾いてから、型紙通りに生地を裁断していきます。

【3】 縫製
数多くの装束の部分品を手縫い・ミシン縫いで、細やかな部分まで縫い合わせ、仕上げていきます。

【4】 胴組み
伝統の素材(藁胴)に、腕(木毛をまいたもの)と針金を通し、次に膝を作り、円座の足をつけ、胴組みを完成させます。

【5】 着付け
仕上げた装束の数多い部分品を着せていきます。
歴史 駿河雛人形のルーツは、桐塑(とうそ)と呼ばれる桐の木片を練り固めたもので作った煉天神(ねりてんじん)という説が有力です。焼津市上新田の青野嘉作が、祖父三右エ門の生まれ故郷、美濃国青野ヶ原から土細工師を呼び寄せ、土人形を作り出したのが始まりとされています。

天神とは、菅原道真を模った人形のことで、当時「天神は雨降る神」として信仰され、その後、学問書道の神とした信仰に変化しました。江戸時代末期には衣装を着せた天神(衣装着雛天神)が作成され、現存する最古のものは嘉永6年(1853)のものがあり、「駿河雛人形」の原型は、衣装を着せた天神と言われています。現在でも一部の地域では、雛壇の上部に天神をかざり、男女の区別無く、それをかざる習慣が残っています。

初期の衣装は、ビロードと言われ、朱子地(しゅすじ)のようなもので、後半分は朱通しの赤紙で袴は下までないなどの特徴があります。その後、節句人形として親王雛(しんのうびな)や高砂などのほか、立天神、立雛などが製作されていました。

江戸後期には、全国各地で江戸雛と京雛に似た田舎雛が作られるようになり、駿河地方でも立雛天神、内裏雛(だいりびな)、五月人形等の節句人形が作られ、その後、風俗を反映した時代人形、武者人形などレパートリー多くつくられ、現在に至っています。

◆展示場所
詳しいお問合せは…
駿河雛人形伝統工芸士会
 〒421-0112 静岡県静岡市駿河区東新田4-10-21 にんぎょっ子内
 TEL : 054-257-3983 / FAX : 054-257-5786






2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook