JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品石川県

石川県
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 金沢箔

主要製造地域:石川県




《特徴》
金閣寺、日光東照宮をはじめ、漆工芸、仏壇仏具や織物など、さまざまな分野で美しい輝きを創造する金沢箔。金箔は全国生産の約98%以上、金沢箔が占めています。
しなやかで美しい光を放つ金沢の金箔は、美術工芸品などにも生かされ、加賀百万石の文化を支えてきました。

透かすと向こう側が見えるほど、一万分の1ミリの薄さになっても、金の輝きを失うことなく、均一の薄さ。製箔は金をただ叩いて延ばす単純な作業ではなく、それぞれの工程で熟練した高度な技を必要とされます。

昭和52年には、わが国の伝統的工芸品産業の用具材料部門において、初の通商産業大臣指定を受けました。
現在では仏具や美術工芸品などのほかに、インテリア用品など金沢箔の用途はさらに広がっています。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 石川県箔商工業協同組合 様

素材 純金、純銀、純銅
製法・工法 【1】 金合わせ
溶解炉で純金と純銀、純銅の合金をつくり、流し型に流して成型します。

【2】 延べ金
成型された金合金をロール圧延機にて、約100分の5~6mmの厚さまで圧延します。

【3】 コッペの引入れ
圧延された延金を、約6cm角裁断し、澄打紙に1枚ずつ挟み、袋革で包み、澄打機で打延ばします。

【4】 渡し仕事
次第に大きな澄打紙に移し変え(5回)、約21cm角、厚さ1,000分の1~2mmまで打ち延ばします。

【5】 澄切り
仕上がり澄を、約11もしくは12の小片に切り、仕込み終わった箔打紙に挟み、1,800枚を袋革に包み、パックを作ります。

【6】 打ち前(箔打ち)
袋革に包まれたパックを箔打機にて3分間打ち、15分間熱を冷ます作業を数十回繰り返して、厚さ10,000分の1まで打延ばします。

【7】 箔移し
打ち上がり箔を革板の上で、竹枠にて規格サイズに一枚一枚裁断し、間紙に挟んで箔が仕上がります。

【8】 箔押し
素材の各部分に、漆などの接着剤で一枚一枚丁寧に箔を貼り、華麗な箔製品に仕上げます。
歴史 金沢における箔打ちは、加賀藩祖・前田利家が文禄2年(1593)豊臣秀吉の朝鮮出兵に従って滞在していた肥前名護屋(現在の佐賀県)の陣中から、七尾で金箔を、金沢で銀箔を打つように命じたことから、16世紀末には行われていたことが明らかになっています。

以来、加賀藩の産業振興策としての美術工芸推励策に培われ、また、蓮如上人による浄土真宗の信仰の興隆による寺院の建立や、仏壇、仏具の必需性に育まれたことや、金沢が箔の製造に適した気候、気温であり、良い水質に恵まれているという風土的要因が、金沢箔産地を形成していきました。

◆展示場所
石川県箔商工業協同組合会館
 〒920-3122 石川県金沢市福久町ロ172
 TEL : 076‐257-5572 / FAX : 076‐257-5583
 開館時間 : 9:00~16:30
 閉館日 : 土曜、日曜、祝日、盆休、年末年始(12/28~1/4)






2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook