JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品兵庫県

兵庫県
工芸品の分類 金工品
工芸品名 播州鎌

主要製造地域:兵庫県




《特徴》
小野市は、そろばんや金物、木数工芸品という複数の地場産業を抱え、しかもそれぞれの製品の全国におけるシェアが第1位という、めずらしい都市です。

中でも250年の長い歴史を誇るハサミ、鎌、包丁、カミソリなどの家庭刃物のうち、とりわけ播州鎌は、全国での生産量の約70%を占め、その鋭利さから「カミソリ鎌」と呼ばれています。

府中(福井県)や越後(新潟県)に並び、打刃物の日本三大産地の一つ、播磨。
特徴としては、刃がうすく研ぎやすいことや、 切れ味が良く刃こぼれしづらく、錆びにくい高級品であることなどであり、全国的にも評価が高い工芸品です。種類も片刃鎌、両刃鎌、鋸鎌、背付鋸鎌、ねじり鎌など多彩。関西圏に近接することもあり、国内で他産地が衰退していくなか、発展を続けました。

現在もニーズに合わせた多様性に富んだ製品を生産し、小野市の主要な地場産業となっています。

[ 兵庫県指定伝統的工芸品 ]
提供 : 小野金物商工協同組合連合会 様

素材 鉄、鋼など
製法・工法 【1】 地鉄と鋼を接合
熱した鉄と鋼を叩いて合わせます。

【2】 鋳造・鋳造整形
材料を火床で加熱します。
熱せられ全体が均一に赤くなった材料を火床から取り出し、ハンマーで叩きながら形を造っていきます。

【3】 焼入
鍛造工程よりも高い温度で加熱します。様子をみて取り出し、すばやく水槽に沈めます。鎌を硬くするための工程です。

【4】 研磨・仕上げ刃付
鎌の表面部分を削り、平滑にしていきます。仕上げに鋭利な刃をつけ、丁寧に研いでいきます。
歴史 明治維新後、旧一柳藩のお抱え刀鍛冶であった藤原伊助が、刀鍛冶技術と剃刀(カミソリ)鍛冶技術を合わせ、鎌に応用したのが起源とされています。
以後その切れ味の良さもあり「カミソリ鎌」と呼ばれ、消費者に評価され受け入れられました。

明治に入ると問屋が勃興し、全国へ販路が開拓されました。
また明治中期に入ると、高価な和鋼から安価な洋鋼への転換期があり、そんな中、性質の違う洋鋼に合わせた製法を確立、品質や生産性の向上かつ廉価生産が可能となり、売上の向上、近郊農家の副業として普及、発展していきました。

さらに昭和初期には、朝鮮、東南アジア、満州にも製品を輸出し、最盛期を迎えます。戦後は農業の機械化や輸出減少などの変化で、一時停滞した時期もありましたが、現在も品質改良や生産技術の向上など研究、研鑽が積み重ねられ、高度化が進められています。

◆展示場所
詳しいお問合せは…
小野金物商工協同組合連合会
 TEL : 0794-63-3562






2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook