JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品千葉県

千葉県
工芸品の分類 織物
工芸品名 唐棧織

主要製造地域:千葉県




《特徴》
原産地がインドのサントメ地方だったので、江戸時代には「サントメ縞」と呼ばれていました。後に「舶来物」を意味する「唐」が付いて「唐サントメ」と呼ばれるようになり、濁音便化して「とうざん」になった・・・と伝えられています。
唐棧織の特徴と言えば、まるで絹のようなつややかさと やわらかな肌触り。
光沢があって品がよく、渋みがあり、現在も老若男女を問わず、多くの方から愛用されています。

[ 千葉県無形文化財 ]
提供 : 館山市役所



素材 木綿糸・天然染料など
製法・工法 【独自の染料配合】
染料は植物由来のものを使用しています。
独特の色を出すため、味覚により染料配合するのが特徴のひとつです。

【しなやかに仕上げるために】
細い糸で薄手に織り、たて縞の模様にします。織った後、砧(きぬた:しわを伸ばしつやを出すために布を打つ道具)でたたいて、しなやかに仕上げます。
歴史 唐棧織は、江戸中期ごろから末期にかけて大流行しました。江戸時代では特に、贅沢を戒めた天保の改革で絹織物の着用が禁止されたため、絹に代わる織物として、もてはやされたと言われています。
木綿でありながら絹のつや・風合いを有し、また細かい縞柄が江戸っ子好みの渋く・粋な美しさを現わし、今日でも多くの方から好評です。
関連URL http://www.city.tateyama.chiba.jp/shoukan/page000861.html




2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook