JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品三重県

三重県
工芸品の分類 文具
工芸品名 鈴鹿墨

主要製造地域:三重県




《特徴》
鈴鹿墨は、地理的、及び気候風土の諸条件に恵まれているため、作品創作時の墨の発色が良く、上品で深みがあり、基線とにじみが見事に調和します。

さらに現在の鈴鹿墨は、墨下りが大変なめらかで書道愛好家に幅広く使用されております。


[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定)]
提供 : 有限会社 進誠堂 様

素材 松煙又は菜種油、胡麻油若しくは椿油などの油煙から採取した煤、膠(牛膠、鹿膠)
製法・工法 墨づくりは、膠を変質させないために、温度・ 湿度の低い冬の早朝から、すべての工程が手作 業で行われています。

【1】 混合煤
と湯煎をした膠を混ぜ合わせ、香料を加えま す。その後、熟練された匠の手によって混合が 繰り返されます。

【2】 型入れ
練り上げた固まりを様々な形と大きさの型に入 れ形を整えていきます。

【3】 乾燥
灰の中で5~30日、空気中で2~6ヶ月乾燥 します。気温や湿度に大きく左右されるため、 経験と勘に裏付けされた判断が重要です。

【4】仕上げ
乾燥後は3年以上寝かされ、その後彩色をほど こし完成です。
歴史 鈴鹿墨の発祥は、延歴年間とも言われ、鈴鹿の山々に産した肥松(こえまつ)をたいて 煤(すす)を取りこれを原料として墨を作っていたと伝えられています。

江戸時代になり、徳川文化の隆盛は裃(かみしも)の流行と小紋の発遣を促し、元祖のころから諸大名の家紋の制定と掴まって、家紋を書く上で上質の筆墨を必要とし、寺子屋の発展とともに需要も激増また、紀州領土となると、紀州候から保護と厚遇を受けるようになりました。

鈴鹿墨は墨染め用又は紋書き用として、より精度の高い高級な墨をとの需要に答えて開発され、その後文房(ぶんぼう)としての用途が多くなり、 それまでに培った高度な技術力と高い品質を結集し、あまたの銘墨(めいぼく)を併せて作るようになりました。

そのため鈴鹿墨に高級墨(本筋物の原料を用いた純松煙墨、純油煙墨等の銘墨)が非常に多く見出されております。
また鈴鹿は製墨に必要な原材料の入手がたやすく、また弱アルカリ性水質により膠(にかわ)のゼリー強度(凝固力)、粘度(ねばり、どろつき)を最適の状態にできるなど、 地理的及び気候風土の諸条件に恵まれております。

作品創作時の発墨(はつぼく)が実によく、上品で厚みがあり、基線とにじみが見事に調和します。
また紋書の特儀(分子が細かく紙・絹への墨の定着度が高い)を発揮できるのも鈴鹿墨ならではのことです。
関連URL http://suzukazumi.co.jp/index.html

◆展示場所
有限会社 進誠堂
 墨の製造・販売を行っています。
 〒510-0254 三重県鈴鹿市寺家5-5-15
 TEL : 059-388-4053 / FAX : 059-386-4180



◆イベント開催
鈴鹿市伝統産業会館
 実演を行っています。
 〒510-0254 三重県鈴鹿市寺家3丁目10-1
 TEL& : FAX 059-386-7511
 開催日 : 第2日曜日、第4日曜日


2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook