JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品福岡県

福岡県
工芸品の分類 織物
工芸品名 博多織

主要製造地域:福岡県




《特徴》
今から約760年前、一人の僧と若い博多商人、満田弥三右衛門が宋へ旅立ち、織物の技法を習得、帰国して代々受け継がれたのが始まりです。

さらにその250年後、弥三右衛門の子孫、彦三郎が再び明へと渡り、織物の技法を研究。
帰国後は工法の改良を重ね、琥珀織のように生地が厚く、浮線紋や柳条などの模様の浮でた厚地の織物を作り出したのです。

そしてその織物が作られたこの土地、博多の地名から「覇家台織はかたおり」と名づけられたと伝えられています。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 博多織協同組合 様

素材
製法・工法 今では、「力織機(りきしょっき)」(電気で動く織物の機械)と「手機(てばた)」とありますが、現在では、手機の職人が少なくなり、力織機が大部分となりました。

戦後から次第に機械化が進み、現在では、力織機が657台、手機が62台が動いています。
働いているのは、男性が158名、女性が471名で、博多織の産地で働いています。
その他に、染色関係で15名、博多織元卸し関係で60名、生糸納入関係で15名、またデザイナーや意匠(いしょう)を担当する人も30名くらいいます。

作り方ですが

・デザインをする人
・意匠をする人
・経糸(たていと)や緯糸(よこいと)を準備する人
・糸を染める人
・機械に糸を取り付ける人
・織物を織る人
・仕上げをする人
こうした人たちの手で、博多織が出来上がります。
歴史 博多織の、歴史は大変古く。

日本地図を、見ていただくとわかると思いますが、福岡(博多)は、中国大陸と近く、昔から外国との交流が盛んな所でした。織物の技術も、中国から入ってきましたが、その織物の技術に、工夫・改良し、現在の博多織が出来上がったのです。

1202年(鎌倉時代)に、博多の商人として生まれた「満田弥三右衛門(みつだ やざえもん)」という人が、1235年に、博多の偉いお坊さんの「聖一国師(しょういちこくし)」という人と、一緒に中国(当時は「宋(そう)」と言ってました)に渡りました。

二人は6年間一生懸命に勉強をしました。
「聖一国師」は、仏教の勉強をしました。
「満田弥三右衛門」はまんじゅうの作り方や、お薬の作り方、うどんやそばの作り方、焼き物の技術の他に、織物の技術を習って、1241年に帰ってきました。

「聖一国師」は、博多に「承天寺(じょうてんじ)」を建てました。
「弥三右衛門」はまんじゅう、お薬、うどん、そば、焼き物、の技術は人々に教えますが、織物の技術は家伝とし、更に工夫・改良をしていきます。

そうして出来上がった織物に、地名をつけて「博多織(はかたおり)」と名づけました。
関連URL http://www.hakataori.or.jp/index.html

◆展示場所
博多織工業組合
 〒812-0016 福岡市博多区博多駅南1-14-12
 TEL : 092-472-0761 / FAX : 092-472-1254






2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook