JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品徳島県

徳島県
工芸品の分類 和紙
工芸品名 阿波和紙

主要製造地域:徳島県




《特徴》
江戸時代には、阿波藩の藩札や奉書、仙画紙などの御用紙の他、特産の藍を使った藍染和紙により全国にその名が知られ、また明治23年のパリ万国博へ出品されるなど、時代と共に暮らしの中へしっかりと根を下ろし、紙すきの戸数も明治の最盛期には吉野川流域に500個、当時川田川流域に200戸を数えました。

手漉き和紙の伝統、それは郷愁として感じとられるものではなく、また美術工芸品としてのみ観賞されるものでもなく、常に新しく、その時代の息吹きを表現し続けることによって、次の世代へと受け継がれていくものです。

阿波和紙の特徴の一つとして様々な色合いの和紙があります。
様々な色合いや風合いの異なる紙を「装飾紙」として製造しています。和紙の主な原料以外に麻や木材パルプなどを混ぜたり、透かし模様を入れたりして、違った風合いや特徴の紙の製造に取り組んでいます。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : アワガミファクトリー(富士製紙企業組合) 様

素材 コウゾ・ミツマタ・ガンピ・トロロアオイ・ノリウツギ
製法・工法 【1】 黒皮の収穫
楮は4尺に切りそろえられ、独特な用具を使い蒸されます。
下から「うれ」に向かって黒皮を剥がし一握りの束にし、風通しのよいところで乾燥します。
黒皮のまま保存し、必要な量だけ取り出して使用するか、暖かくなるのを待って白皮に加工します。

【2】 黒皮取り
乾燥した皮を数時間から一晩水に漬けておきます。足のふくらはぎで皮の表面をこするように交互に踏み、黒皮を落とします。
皮(靭皮部)は黒皮、青皮、白皮の三つから成り立っています。上質紙ほど黒皮、青皮を取り去り白皮のみにします。

【3】 剥ぎ
ナイフで下からうれに向かって、青皮を削り取ります。
芽、枝の痕、傷はゴミとして残るのですべて取り去ります。
乾燥して冷暗所に保管して置きます。

【4】 煮熟
煮熟前に一昼夜流水に侵積し、アルカリ液で繊維を煮ます。
煮沸後30分で上下をひっくり返し、炊きむらにならないようにします。
煮沸後2時間、横にさくと細い繊維の組織が徐々に広がるように開くか、指で引っ張ってちぎれるようになった時、十分に炊けています。

【5】 塵取り
一昼夜放置し蒸らした後流水中に浸しアク(煮熱液)抜きをし、非繊維物質を取り去り、手作業で塵取りを行います。
水中にかごをれ、塵(傷、芽、炊きむら、変色した部分)を取ります。
白い紙の場合は、この前に漂白を行います。

【6】 打解
たたき棒で石板か堅木の板の上で丁寧にたたいて、繊維を一本ずつばらばらに離解します。

【7】 流し漉き
「掛け流し」「初水」浅く汲み込み、簀全面に繊維が薄く平均にゆきわたるようにすばやく操作します。
紙の表面を作ります。
「調子」やや深く汲み込み、簀桁を動かして繊維を絡み合わせます。
求める厚さになるまで汲み込んでは揺り動かします。

【8】 溜め漉き
古来からの方法で打解の多い原料により1回の汲み込みで地合い(紙の質)を作ることが出来ました。
現在打解の少ない流し漉き用のものを使っているため、「ねり」を加えています。

紙が漉きあがったら、簀は桁からはずして紙床板(しといた)へ間に空気を入れないように伏せ、簀は手前から向こう側へ剥がします。

【9】 圧搾
紙床を一晩そのまま置き自然に水分を流したあと、少し大きめの板で挟み圧搾機で重力を加えて脱水します。最初は弱く、次第に強く、6間余りをかけて圧搾していきます。

【10】 乾燥
一枚ずつ干し板に張り付け天日で乾かしたり、蒸気を用いた乾燥器を使って乾かします。
歴史 阿波和紙の始まりは、今から1300年ほど前のころ、忌部族という朝廷に仕えていた人達が、現在の徳島県麻植郡山川町の地に入り、麻や楮を植えて紙や布の製造を盛んにしたとの記録が古語拾遺(807年)に見られ、以来、忌部族の始祖天日鷲命(あまのひわしのみこと)を紙の始祖神として崇め祭ることにより、その技術が伝承され現在に至っています。
関連URL http://www.awagami.or.jp/

◆展示場所
阿波和紙伝統産業会館
 〒779-3401 徳島県吉野川市山川町川東141
 TEL : 0883-42-6120
 開館時間 : 9:00~17:00
 休館日 : 毎週月曜日(祝祭日の場合は火曜日)
 入館料 : 一般 300円、学生 200円、小中学生 150円
 基本的に、1~2ヶ月で展示の内容を入れ替えています。



◆イベント開催
関連URLリンク先をご覧ください


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook