JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
真家みたまおどり | 郷土芸能・民俗芸能 カテゴリ

総数:121件

伝統文化

真家みたまおどり
伝統文化の分類 郷土芸能・民俗芸能
文化名 真家みたまおどり



真家みたまおどり《特徴》
真家みたまおどりは、真家の情景と住民の生活をありのまま表現されているのです。八郷町真家では毎年8月15日に、念仏衆が新仏のある家を回って念仏歌をうたい、みたまおどりを踊って支社の霊を慰めています。

踊りには、七月の舞(扇の舞とも言われ、日の丸のついた扇をかざして踊る)、二の谷の舞(手踊りで、1曲ごとに「なむあみだぶつ」がついている)、十六拍子の舞の3つがあります。踊り子は、こどもからお年寄りまでの、老若男女で、いずれもおそろいの浴衣にたすきをかけ、花笠をかぶり、白足袋・手甲をつける、という格好で踊ります。衣装のひとつである、花笠が特徴的でして、これに「オゴマ」とよばれるヒラヒラした房飾りを付けて顔を隠します。これは仏の姿を表しているとも言われています。

真家みたまおどりは、約数百年前に、大和の国の本山長谷寺から、その末寺である真家の仁王山不動尊福寿院に来た僧侶が、村人に念仏踊りを教えたのがはじまりだと伝えられています。依頼、村人は、お盆になると亡き人の霊魂を供養するため、寺の庭に集まり夜を徹して踊るようになりました。さらにその後、入仏された新しいみたまの供養のため、新仏のある家を訪れて踊るようになりました。これがのちに衰えて、5年に1回行われていましたが、後に、復活して、毎年8月15日に踊るようになりました。

みたまおどりは行列を作って入場します。これを「くりこみ」と呼びます。先導が提灯を持ち、続いて「まとい」、「みどし」、「虎の皮」、「とうしん」、「軍配」、「さいまら」、竹製楽器の「びんざさら」、「しゃぐま」、「踊り子」、そして、はやし方として、「太鼓」、「笛」、「歌い手」(年寄り)の順に入場します。踊り子は扇子を持った「七月の舞」を1番目とし、2番目の「二の谷の舞」、3番目の「十六拍子の舞」と続きます。輪を成す踊り子の外周をさいまらと軍配が、それぞれ反対回りで踊り、交差をする度にタッチします。

このようにはじめ布教の為とされていた念仏踊りが、しだいに先祖の霊を慰める供養の踊りとなったのです。


[国指定重要無形民俗文化財]
提供: 石岡市観光協会 様 / 真家みたまおどり保存会 様


所在地 茨城県新治群八郷町
展示場&開催場所 場所:真家地区周辺の寺や新盆の家
日時:毎年8月15日
問い合わせ先 石岡市観光協会
Tel 0299-43-1111
観るポイント 子供からお年寄りまでが、おそろいの衣装で息の合ったおどりを踊る姿や、色とりどりの「オゴマ」の揺れる瞬間など、美しい瞬間が多くあります。
伝統文化の
体験・一般参加
【伝統文化に参加】
観光客の方も、真庭みたまおどりを一緒に踊っていただけます。
URL http://ishioka-kankou.com/page/page000135.html



2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook