JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
西馬音内盆踊り | 郷土芸能・民俗芸能 カテゴリ

総数:121件

伝統文化

西馬音内盆踊り
伝統文化の分類 郷土芸能・民俗芸能
文化名 西馬音内盆踊り



西馬音内盆踊り《特徴》
毎年8月16日~18日
午後7時~午後11時(踊りは午後7時30分より)、ただし18日は午後11時30分まで

西馬音内盆踊りの起源・沿革については記録されたものが全くないため、すべて言い伝えによるものです。
正応年間(1288~93)に源親という修行僧が蔵王権現(現在の西馬音内御嶽神社)を勧請し、ここの境内で豊年祈願として踊らせたものという説があります。これが、慶長6年(1601)西馬音内城主小野寺茂道一族が滅び、土着した遺臣たちが主君をしのび、旧盆の16日~20日までの5日間、宝泉寺(西馬音内寺町)境内で行われた亡者踊りと合流したという説があります。
そして天明年間(1781~1789)に現在の本町通りに移り、現在まで継承されてきたものと伝えられ、 昭和56年1月21日、国の重要無形民俗文化財に指定されました。

にぎやかで勇ましい野生的なお囃子と、優雅で流れるような上方風の美しい踊りの不思議な調和が、西馬音内盆踊りの特長です。
踊りは、ゆるやかで流れるような動きに、しなやかな手振りと反り返る指先、地面をするように運ぶ足さばきが加わり、幻想的で洗練された美しさを持っています。
踊りには、「音頭」と「がんけ」の2種類があり、がんけは、月光の夜を飛ぶ雁の姿を踊りから連想した「雁形」、仏教伝来の「勧化」、現世の悲運を悼み、来世の幸運を願う「願生化生の踊り」がつまって「願化踊り」と呼ばれたとの諸説があります。がんけの歌詞、節回しには哀調が漂い、本来娯楽の踊りでなかったことを物語っています。

踊りの中の黒い覆面「ひこさ頭巾」は、亡者を連想させ、幻想的な感じを与えます。
秋田県由利地方の「はなふくべ」や山形庄内地方の「はんこたんな」と関連があるとか、歌舞伎の黒子からヒントを得たとかの諸説がありますが、はっきりした由来は分かっていません。いずれ、亡者踊りといわれた雰囲気をかもし出しています。

提供:羽後町企画商工課 観光担当


所在地 秋田県雄勝郡羽後町
展示場&開催場所 本町通り
問い合わせ先 羽後町企画商工課 観光担当 TEL:0183-62-2111
アクセス 湯沢・横手自動車道の湯沢インターから15分
観るポイント 「西馬音内盆踊り」の踊り手、お囃子が、自ら盆踊りに陶酔した時が、一番輝いて見えるときです。ですから一番よい「西馬音内盆踊り」を楽しむには、乱暴なフラッシュ撮影、唄や演奏、踊りを乱す大声はもちろん、踊りの輪の中の通行せず、「西馬音内盆踊り」にふさわしい雰囲気をみんなで作り出すようご協力ください。
URL http://www.town.ugo.lg.jp/index.html



2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook