JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品熊本県

熊本県
工芸品の分類 金工品
工芸品名 刀剣

主要製造地域:熊本県




《特徴》
肥後を代表する刀工としては、菊池千本槍で有名な「延寿派(えんじゅは)」と、加藤清正の保護のもと、豪壮な作りと切れ味の鋭さで熊本城の常備刀として知られる「同田貫一派(どうたぬきいっぱ)」が有名です。

肥後の刀剣の特徴としては、身のはばと重ねが厚く、実戦的で豪快な作風で、あまり装飾を加えず質素なつくりですが、丈夫さや力強さなど、パワーを重視した剛刀が多いです。

現在も熊本の地で、昔ながらのたたら製法用いて、職人によって刀剣がつくり続けられています。

[ 熊本県指定伝統的工芸品 ]
情報提供 : 松永日本刀剣鍛錬所 様
画像提供 : 荒尾市 様

素材 玉鋼、古和鉄など
製法・工法 玉鋼(たまはがね)を、松炭を用いた火床(ほど:鍛造用の炉)の中で1,400度まで温度を上げ、「折り返し鍛錬」と呼ばれる、打っては延ばし折り畳む作業を十数回繰り返して形を整えます。

2週間をかけて、ようやく一振の日本刀が作られます。

火傷や傷は当たり前、どの作業もかなりの危険が伴うほか、熟練の職人技と集中力を要します。
歴史 京都の山城国(やましろのくに)の刀工、来国行(らいくにゆき)の孫、国村(くにむら)が、菊池氏の要請で移住し刀づくりを始め、「延寿派」と称しました。

南北朝時代の初期に、菊池武光の発案に基づいて、菊池千本槍と呼ばれる槍が延寿派によって作られています。延寿派は、鎌倉中期から南北時代にかけて、三十数名の名匠を輩出しましたが、菊池氏の滅亡とともに衰退してしまいますが、その後再興し「石貫派(いしぬきは)」、「同田貫一派」などの分派も現れています。

現代も、荒尾や八代地方で作刀が行われており、刀匠が荒尾海岸の砂鉄を採取し、日本古来のたたら製鉄法によって、日本刀をつくり続けています。

◆展示場所
松永日本刀剣鍛錬所
 〒864-0031 熊本県荒尾市 川登1907-80
 TEL : 0968-68-2250 / FAX : 0968-68-1898
 アクセス : 荒尾駅より車で15分 / 南関ICより車で25分



◆イベント開催
松永日本刀剣鍛錬所
 作刀の見学が可能です。
 お問い合わせ先 : TEL : 0968-68-2250
 見学料 : 1,000円
 ※一週間前に予約が必要です。



2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook