JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品岩手県

岩手県
工芸品の分類 漆器
工芸品名 浄法寺塗

主要製造地域:岩手県




《特徴》
木の幹につけた傷口からしみ出てくる乳白色の樹液。
それが麗しい光沢を放ち、堅牢な塗料になることを、日本人は9千年も昔から知っていました。
ウルシの木の樹液である「漆」。
「うるわし」を語源にするとも言われています。

漆黒の光沢を放つ漆芸品は、近世になると、西欧の人々までも魅了します。その流行は、「ジャパニング」と呼ばれる模倣品が作られるほどでした。

しかし漆の歴史を知るほどに分かるのは、漆と日本人の絆の深さです。
日本の風土に生まれ育つウルシは、日本の伝統文化の中でこそ「漆」としての魅力と特性が存分に生かされてきたと言えるでしょう。

漆の里、浄法寺―。
国産漆のうちの約7割を生産している浄法寺では、漆の文化を絶やしてはならないと、漆掻き職人たちがウルシの木を育て、塗師たちは国産漆にこだわった漆器を作り続けているのです。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 二戸市浄法寺総合支所 うるし振興室 様、滴生舎 様

素材 ケヤキ・ホオ・トチ・ブナ・ヒバ
製法・工法 【1】 木固め
サンドペーパーでよく磨いた木地に漆をたっぷり浸み込ませます。
伸縮を防ぎ、防水性の高い丈夫な漆器を作るために大事な作業です。

【2】 下塗り
精製した漆にベンガラを混ぜた下塗り用の漆を塗ります。

【3】 研磨
塗った後に必ず耐水ペーパーや研ぎ炭を使って研磨します。
漆の密着が良くなり、強度も向上します。

【4】 中塗り
塗り重ねと研磨の作業を7回、8回と繰り返し、漆だけで厚みを作ります。

【5】 上塗り
最高品質の漆を自家精製し、ゴミをつけないように専用の上塗部屋で最後の塗りを行います。
歴史 森閑とした杉木立の下、濃い色の花を咲かせる紫陽花が迎えてくれる参道の石段。
地元の人々が「御山」と呼び親しんでいるみちのくの霊山・八葉山天台寺は、浄法寺塗の発祥の地と言われています。

寺伝によると、開山は奈良時代の神亀5年(728)。
聖武天皇の命を受けた僧行基が、桂の木を彫った観音様を祀り、八つの峰と八つの谷を有するこの地に「八葉山」の山号を冠しました。

「浄法寺塗」がいつ頃始まったかは定かではありませんが、天台寺には漆を使った寺宝がいくつか残されています。
たとえば、聖武天皇の宸筆と伝わる「天台寺」の勅額、吉凶を占う筮竹を入れた筒、金泥で「補陀洛場」(「観音様の住む山」という意味)の文字が刻まれた扁額など。
どれも艶やかで堅牢な黒漆が塗られています。

天台寺の僧たちは、自ら作っていた什器をやがて参拝者らに供するようになり、漆器とともに塗りの技術も庶民に広がったのでしょう。
それらの漆器は「御山御器」として、呼び名が今も残っています。地元で「御山御器」と言われるものは、飯椀・汁椀・皿の三ッ椀のこと。
その神聖な名とはかけ離れ、ふだん使いの器のことを指しています。
かつて天台寺の例大祭の日に、境内の露天で漆器が売られていたために「漆器=御山」として庶民の生活に浸透したからです。

藩政時代になると、南部盛岡藩の統制下、この地方に漆掻奉行が置かれ、漆は他領へ持ち出すことを禁じられました。
この時代を象徴するのが「箔椀」。金箔を施した雅やかな漆器で、藩主への献上品として作られたものです。

明治になると箔椀は廃れますが、「御山御器」をはじめとする庶民の漆器は、大正・昭和にかけて需要が高まり、国内はもとより海外にも販路が広がりました。

戦後、生活の変化により、浄法寺の漆器が途絶えそうになったこともありました。
しかし、それを乗り越えた今、「原料から製品まで」生み出せる地域は、浄法寺の他にありません。

[ 滴生舎のHPより引用 ]
関連URL http://www.tekiseisha.com/

◆展示場所
滴生舎
 〒028-6941 岩手県二戸市浄法寺町御山中前田23-6
 TEL : 0195-38-2511 / FAX : 0195-38-2610






2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook